2012年10月24日水曜日

シェルチェアのガラス繊維量

ヴィンテージのシェルチェアはご存知の通りファイバーグラス(ガラス繊維)が入っていますね。
年代によって含有量が違うんですよ。
 
 
80年前半
60年前半
70~80年
簡単に言うと古ければ古いほどファイバーグラスの量が多くなっています。
それに加えてシェル自体の厚みも薄く作られています。
特にゼニス製造時代のシェルは最高に薄くて光を照らすと手がすけてみえるぐらい薄いです。(ここで載せれる写真が無いですけど。)
 
何故かというと、当時はプラスチックがまだ高価で、そのプラスチックの使用量を抑えるためにファイバーグラスを多く入れていました。
それが年数を重ねるごとにファイバーの量が減っていき、80年後半の最終モデルは「これグラスファイバー入ってる?」と思うぐらい少なくなっています。
 
あとは環境などによる配慮で製造終了、いまポリプロピレンって感じです。
 
グラスファイバーは好きな人には堪らない要素です。
私も好きです。
 
 
case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950


0 件のコメント:

コメントを投稿