2013年7月31日水曜日

エレファントスツール入荷しました。 2013/7/31

えー!7月が今日で終わっちゃう!
 
という今日はこんなの入荷しました。
 
 
Vitra社正規現行品のエレファントスツールです。
この象脚スツールは柳 宗理さんの名作として有名すよね。
1954年にデザインされて以来、日本のインダストリアルデザインを代表する名作として国内外で高い評価を得ています。
 
 
現在は先述の通りヴィトラ社が正規品を製造しています。
 
最初はコトブキ社が製造販売をしていましたが、(いつだったか忘れましたが)製造終了したのち、2001年ぐらいにハビタ社が復刻しました。その時の素材はシェルチェアと同じFRP、つまりファイバーグラスが入った強化プラスチックでした。(ハビタん時もそうですよ)
 
そしてハビタ社が製造終了後の2004年にヴィトラ社によって復刻されます。その際に素材を現在のポリプロピレンに変更しました。環境に配慮という理由だそうです。
 
 
上から見た図
このスツールなんですけど、正直お店では展開しづらい商品だったので今までお店に置いた事はありませんでした。
まあここで書くようなことじゃないのかもしれませんが、エレファントスツールは発注ミニマムが多く、単発で注文しづらいんです。
 
ただ、今回たまたま写真のクリームとブラックの各1個づつ新品を入荷しましたので、欲しかったという人はすぐに持って帰れますよ。
 
 
ブラック繋がりで。
スツールですけど台としても使えます。
雨に濡れてもオッケイなのでアウトドア的な場所に置いても大丈夫だと思われます。
 
今はこのブラックとクリーム(ホワイト)色のみですよ。
 
Vitra
Elephant Stool
¥10,500
size W510 H370 D465mm
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年7月30日火曜日

Juniorの綺麗な写真 2013/7/30

先週末から展示を始めたアンジェロ・マンジャロッティのJuniorがおかげさまで好評です。
ウソです。まだ展示を始めたばっかりなので反響なんてこれからですね。
でも実物を見た人の反応は良いですよ。
 
で、メーカーであるMETROCSさんが提供している写真を紹介したほうがよっぽどJuniorの魅力が伝わると思ったので、今回はそれを載せますね。
 
 
©Metropolitan Gallery Inc.
当たり前ですけど写真のクオリティが良いです。
 
 
©Metropolitan Gallery Inc.
ほんとは奥のサイドボード置きたかったんですけどねぇ。
スペースが出来たら置くこともあるかもしれません。
 
やっぱキレイに並べると商品自体も素晴らしくよく見えますね。
 
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950


2013年7月29日月曜日

イームズのラシェーズ 2013/7/29

たまに聞かれることシリーズ。
 
『イームズのラシェーズって今も販売しているんですか?』
 
 
引用:THE WORK OF CHRLES AND RAY eames P88-89
はい、現在も生産されていますし販売もされています。
 
あんまり見かけないのは、これがVitra社によって製造・販売されているからです。
イームズの製品というと全てHerman Miller社が製造・販売していると思われがちですが、このラシェーズだけはVitra社によるものです。
もともとプロトタイプしかなかったこのラシェーズをVitra社が90年代に製品化したそうです。確か。
レイが一番好きな椅子だったそうですよ。 (当時はコストの関係で製品化はされなかったみたいです。)
 
ちなみに今の価格は¥744,450です。
欲しい人は販売できますので相談してください。
 
店に展示することはほぼないと思います。
イームズ好きなら憧れる椅子の一つですよね。
 
 
これもリプロダクトやジェネリック製品があるのですがどういう理屈なんでしょうか?
リプロ・ジェネリック製品はオリジナルを忠実に再現って、そんな貴重なものを中国やイタリアの工場が手に入れることは出来ないでしょうし、Vitra社の復刻品を真似したのならそれに意匠権が延々言うのはおかしいですよね。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950


2013年7月28日日曜日

シェルの張り替えでモールはちゃんと縫います。 2013/7/28

最近シガーロスばっかり聴いています。暑いからですね。
 
 
ところでシェルチェアの張り替えをやっているのはご存知のことだと思います。
 
以前からこのシェルチェアを張り替えるのってはすごく難しい事だと伝えていましたね。
実際シェルの張り替えを受け付けしているところは少ないはずです。
 
でもまあ探せば他でもやっているトコロはあるじゃないですか。
 
じゃあcase study shopにシェルの張り替え・張り込みを依頼するとどんなアドバンテージがあるかですが、
 
 
ちゃんとこの縁のモールと生地を縫います。
 
え?そんだけ?って思うかもしれませんが、ほとんどの場合このモールと生地を縫う事は出来ないので接着するしかありません。 (何処かで張り替えをするときは依頼する前に接着かどうか聞いてみてください。)
 
でもcase study shopは熟練した職人と専用の機械によりちゃんと縫います。
そして生地の縫製も完璧にやります。
 
一言で言えばクオリティが違うってことでしょうね。
 
細かいようで重要な要素なので、張替とか考えている人は検討してみてください。
詳しいことは尋ねてください。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950


2013年7月27日土曜日

クリアランスセール品の再値下げ。 2013/7/27


もう7月の最終土・日曜日ですね。
うーむ。7月ってもっと来店あったような気がしたのですが、今回のクリアランスが正直今までに比べると品数が少なかったからでしょうか。思ったよりあれでした。もしくは周りにセール開催日を合わせなかったから?
 
とりあえず7月中はクリアランスセールやってるので、一部売れていない商品の価格を訂正しました。
 
例えばこれ。
 
 
この間紹介したばかりのイームズサイドシェルスタッキングベースですけど、すごく良い状態のシェルチェアなので、れを考えるとすごくお値打ちだったのですが、どうも¥28,000~ってのは高く見えたようです。 (スタッキングベースですけどナローマウントなのでエッフェルベースとか他のベースも付け替えできます。)
もういっそのことSOLD OUTしました!にします。 (クレジット支払いは+5%)
 
 
 
ORSKOV社のストリングバッグもいっそのことこの価格。
 
35%OFF!
¥1,080→¥700!
 
これ結構まだお店にあるので。
 
 
あとお店で相談してください。価格とか。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年7月26日金曜日

ジュニアの価格 2013/7/26

なんかこう、いつ豪雨が来るか気が気じゃないですよね。
 
ところで以前アンジェロ・マンジャロッティの家具を紹介したときは値段不明でしたよね。
ということで今日の更新はその他の種類の価格と紹介です。
 
もともとJuniorシリーズは40種類以上バリエーションが存在したそうです。
今回復刻したのは下記の4種類ですよ。
 
 
そしてうちで展示しているのは上から3枚目のシェルフ 3aというのだけです。
あれです、スペース的に他のは置けません。。。
でも造りは同じなので、お店にあるシェルフを見れば他もだいたいイメージつくと思いますよ。
 
しかし価格が優秀じゃないですか?
四段のこのサイズでも¥157,500ですからね。お値打ちですよ。
それにこのサイドボード格好良いと思うんですよ。建築的ですね。
 
ピエール・ポランのサイドボードもこのメトロクスという会社が復刻しているのですが、ちょっと値段が・・・という方はこっちもどうぞ。
 
実物見たい人はお店へ。
送料無料。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950


2013年7月25日木曜日

アンジェロ・マンジャロッティ復刻ジュニア展示しました。 2013/7/25

今日、とんでもない電話勧誘があったので、しばらく非通知の電話はでないことにしました。
お手数ですがお電話をしていただく際は番号が通知されるかどうかご確認のうえ発信くださいませ。 (マンション経営の勧誘です。あまりにもひどい電話勧誘でした。〇ンズってとこです。BI〇かな。)
 
さて、先月紹介したアンジェロ・マンジャロッティの家具がとうとうお店に来ましたよー。新発売ですよー。
 
 
バラバラです。
そう、この家具は組み立て式なのです。
おかげで送料コストが抑えられますし、搬入に困ることはありません。
結構デカいですしね。
じゃ作っていきましょうか。
 
 
簡単です。
こう、横に寝かせてそれぞれのパーツをスライドしてはめていくだけです。
一人でも充分組み立てられますよ。現に私は一人ですし。
しかし久しぶりの組み立て家具なので新鮮です。
 
 
全部のパーツをスライドさせたら、よいしょっと起こします。
もう完成みたいですけど、まだもうちょっと作業があります。
 
 
それぞれの接合部分にコの字型のパーツをはめ込みます。
良く考えられた造りです。さすがマンジャロッティさん。
 
 
それであとは背板とスライドパネルを付けたら完成です。
お、アンジェロ・マンジャロッティの刻印が入っていますね。
 
 
はい完成。
所要時間30分ぐらい。
 
じゃ商品の説明しますね。
 
このシェルフはイタリアデザインの巨匠アンジェロ・マンジャロッティ氏が1966年にデザインをした「ジュニア」というシリーズです。
この「ジュニア」は切れ込みの入った積層合版をはめ込むだけで完成するシンプルな要素で構成されています。
表面材にはシラカバを使用することで、ミニマルながらも製品自体に豊かな表現を与えています。
 
 
このジュニアは日本のメトロクスがアンジェロ・マンジャロッティ事務所の許可を得て、正式に復刻されたものです。なお、マンジャロッティさんは2012年の9月30日にお亡くなりになっています。
イタリアデザインの名作を日本のメーカーが日本で作っているというちょっと珍しい家具ですね。
 
 
収納力ありますよ。
本棚としても良いですし、パーテーションとしても、オーディオラックとしても、なんでも使えます。
個人的にはペリアンのシェルフにも感じる上品さがあってすごく良いデザインだと思いますね。
 
うちはシェルフや棚っていうとイームズストレージユニットぐらいしかオススメがなかったりしたので、もう一つの選択肢として価格もお値打ちですしどうですか?
なにせ送料も無料。
 
 
METROCS
Junior
Shelf 3a ※写真の仕様
¥140,000(税別)
size W1700 H1165 D657
 
このサイズでこのデザインでこの価格は優秀ですよ。



case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年7月24日水曜日

LEDと蛍光灯と白熱球の違い 2013/7/24

最近お店のスポットライトを全部LEDに変えました。
 
 
電気消費量の少なさが強調されるLEDですが、重要なのはそこじゃないんですよ。(結局電球代が高いですし)
LEDは紫外線・赤外線がほとんど出ないため虫が寄ってきづらい、さらに家具が日焼けしないってのがLEDに変更した理由です。(革製品の日焼け防止も重要です。)
家の中にプラモノを置いておいても日焼けするのは、電灯のおかげだったりする訳です。
 
でも雰囲気づくりなら白熱球や蛍光灯の方が良いんですよ。
特に白熱球は温かみがあってすごくムーディーな感じになります。
ちょっと比べてみましょう。
 
 
LED電球60W相当
パントンのFun-Shellの電球を3種類で変えてみます。
まずLEDの電球です。
良いこと尽くめのようにみえるLEDですが、光り方に指向性があり淡泊です。なので部分的に暗くなります。
あと演色性が弱く、なんだか寒々しい光です。
 
 
蛍光灯60W
次に蛍光灯です。
電球色を選んでいますがやっぱりまだ光が淡白な印象です。
それでもLEDよりははるかに良い雰囲気ですよ。
電気消費量も優秀なので、これもありだと思います。
 
 
白熱球40W
最後に白熱球です。
ちょっと手元に40Wしかなかったのですが、それでもこの光の良さ。
いやー、色が違いますよね。実際温かみのあるボヤーッとした光なので心地よいです。
やっぱり雰囲気づくりは白熱球が一番です。
 
でも白熱球はフィラメントが切れやすい、電気代が高い、紫外線・赤外線出しまくりです。
スポット的に使うのが良さそうですね。
 
え?お店なのに雰囲気重視しないのかって?
だって白熱球だと電気代が結構凄いですし、虫寄ってくるし日焼けするし・・・この時期暑いし・・・
白い照明を使っているのも商品本来の色が見やすいからです。
 
利便性重視で。
薄暗い店って格好良いですけど、見づらいですよね?
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950


2013年7月23日火曜日

DI CLASSE商品の価格改定 2013/7/23

今日は大暑といって、一年で一番暑い暦だったそうです。
ちょっと曇っていましたがそれでもこの気温にはやられます。
でも今日を境に気温が下がっていくと考えると気が楽ですね。・・・下がっていきますよね?ね?
 
そんな今日は価格改定の話です。
DI CLASSEの商品が9/1に一部商品の価格が改定されますので、まだ一か月以上あるのですがお知らせします。
まあDI CLASSEってメーカー名を言ってもご存知の方は少ないと思いますが、商品を見たらわかりますよ。
 
 
一部を抜粋して紹介しています。
とまあ矢印の付いている商品がお店に展示しているモノです。
このあいだ紹介したばかりの傘立ても早速値上げです。それと木漏れ日照明達。
いやー、今回の値上げ率はすごいですね。
高くなりすぎじゃないですか、これ。
為替の状況と原材料費の高騰が理由だそうです。
 
なんにせよ欲しかった人は8/30までに決めたほうが良さそうですね。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950


2013年7月22日月曜日

ちっちゃいバタフライスツール 2013/7/22

マンジャロッティのシェルフは先週来る予定だったんですけどねぇ。今週には用意できると思います。たぶん。
 
今日は仕入れしたミニチュアのこと書きますね。
 
 
こちらは柳 宗理さんの代表作であるバタフライスツールのミニチュアです。
バタフライと言えば日本を代表する椅子の一つなので当然ミニチュアもあってしかるべしですね。
素材はプライウッドじゃないです。成型合板っぽいプラ素材ですね。やっぱこのサイズを合板で造るってのが難しいのだと思います。というか無理なのかも。
 
 
実物あるんで比べるとやっぱり小さいですね。親子みたい。
ミニチュア向きの造形だと思います。
 
 
こうするとますます巨大に。
こう、なんか立ち向かっている感じになりますね。
世間では巨人の漫画が流行っているらしいのですが、多分こんな内容なんだと思います。 (読んだことない)
 
 
実物のバタフライスツールもサイズ的にコレクション目的で購入する人も少なくないですが、1/6サイズまで来るとデスクの上とかに置けるのでオススメですよ。
 
モノホンのミニチュアが欲しい人はぜひ。
 
Vitra Design Museum
Butterfly Stool(miniature)
¥13,650
size H69 W79 D57mm
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950


2013年7月21日日曜日

お部屋紹介③のその後のその後 2013/7/21

タイトルの通りですが、今日は以前お部屋紹介③を更新したKさんが大阪からお店を訪ねてくれました。
ありがたいものです。
 
お部屋紹介③のその後」からインテリアが増えていましたのでお写真を頂きましたよ。
なので今日の更新はお部屋紹介③のその後のその後をお送りしますね。
 
 
さっそくレッド尽くしです。この角度の写真は初めてですね。
Kさんはレッドのモノがお好きだそうで、壁もレッドですし、ヴィンテージのイームズサイドシェルもレッドですし、奥にあるサーリネンのサイドチェアもレッドです。
手前にあるピクチャーまでレッド!
左側はハウスインダストリーズのセリグラフで、右側にあるアスタリスクはイームズハウスを老朽化から助けるためプロジェクトで限定販売されたものです。
それについて詳しいことは→ Charles&Ray Eames need your help
 
 
そしてイームズLTRTも増えていました。
以前は波とEだけでしたが、そこにMとフローラルが加わってとうとう大きな四角形がつくられています。(”だけ”って表現もどうかと思いましたが・・・)
単体だと小さなイームズワイヤーベーステーブルも4個揃えば立派なコーヒーテーブルですね。
ラグも四車線に増えています。奥は60km制限らしいですよ。
 
ちょっとやる気のないポージングのガンダムがいい味を出しています。
 
 
あと私が見ておお!っと思ったのはこちらの写真です。
以前からハラーシステムの写真が写っていたのですが、収納ってこんな風になっているんですね。かっこいー!
なんというか、お洒落すぎ。食器の配色もこのこだわりよう。
イッタラ・アラビア祭り。
 
なんかハラーの上に炊飯器を置くのがかっこ悪いから、土鍋でご飯を炊いているそうですよ。
そこまでくれば尊敬します。
素敵な空間で羨ましい限りな写真の連続でした。
写真ありがとうございます。
 
 
やっぱり人の住まいって気になりますよね。
皆さんも写真送ってくださいね。お礼はないですけど。
 


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年7月20日土曜日

ヴィンテージの多機能ワゴン 2013/7/20

もうしばらくはクリアランスセール品を前面に出したレイアウトを続けますね。
 
ところでこんなのを入荷しました。
 
 
70年代のヴィンテージワゴンです。
ちょっと珍しいと思います。
日本製ですがメーカーとか全く不明です。
何故日本製の70年代かというと、以前これに似たやつを見た事があって、それが日本の70年代のワゴンだったからです。(似てると言うか別仕様でした)
なので、これもそうだと思います。
 
 
多分これ美容院で使っていたワゴンだと思います。
流線型のつくりとか色合いがスペースエイジ的でステキですよね。
 
フレームはスチール製なので重量があります。
そのぶん丈夫な作りです。
かなーりしっかりしています。
赤い部分はMDFのプラ加工だと思います。
 
 
ボビーワゴンのようにトレーがサイドに移動しますよ。
このホワイトのトレーも取り外しできます。
 
 
なんかワゴンが歪んで見えますけど写真が歪んでいるんです。
 
収納力があるんでただのキャスターワゴンとしても優秀だと思いますよ。
 
 
ただ古いモノなのでキズとかサビとか経年劣化はあります。
頑張ってクリーニングしましたけどね。
 
はぁ~、格好良いワゴンないかしら?
 
って探している人にはピッタリですよ。
普通に美容院とかでもどうですか。使ってみませんか。
 
Vintage Wagon
¥SOLD OUT!
size H890 W380 D430mm
 
”思います”使いすぎ。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年7月19日金曜日

もっと値下げしたクリアランス品 2013/7/19

最近入口の扉を閉めているのは暑いからです。
冷房を付けても扉があいていると全然冷えないんですよ。
出入りが面倒ですけど、この時期と真冬はお願いしますね。
 
 
さて、相変わらずクリアランスやってますけど、一部商品がまだ全く動かないのでもっと値下げしました。
 
 
ちょっと前の写真なので奥のパーテーションシェルフはもうありません。
Kartell社stoneの通常色クリア(右側のやつね)の展示品をSOLD OUTにします。
 
Kartell
stone
SOLD OUT!
 
一個だけです。
キズとかあるんでしょうけど、キラキラしているんでよく分かりません。
 
 
同じくKartell社のLouis Ghost 10周年記念モデルを展示品のみ20%OFF!
現品ラストなので。
 
Kartell
Louis Ghost 10周年記念モデル
¥SOLD OUT!
 
国内に100台しかない貴重品です。
キズは全くありません。
 
欲しい方は土日にぜひぜひ。
あと、すごく安くしているので出来れば現金で。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950


2013年7月18日木曜日

パントンの照明の音 2013/7/18

今日は大学のレポートにイームズをチョイスした子がお店にみえました。
資料探しに難儀していましたようでした。実際イームズってよく聞く言葉ですけど、詳しく調べようとすると日本語での資料って少ないんですよね。
 
 
さて、先週入荷したパントンの照明についてもうちょっと詳しく書きます。
 
まず、動画を撮ったのですが載せるのを忘れていました。
真珠母貝同士が触れ合う音はすごく美しくて、何度も聞きたくなると思います。
 
※動画を再生する前に音量の確認をしてください。音が鳴ります。
 
 
風が吹くと”カラカラ”音が鳴ってすごく心地良いです。独特の音ですね。
 
以前の更新でやたら組み立てが大変という事を書いたので、どうもこの照明が敬遠されがちみたいですが、その苦労に見合った美しさはありますよ。ちょっと脅かしすぎましたかね。
 
それからいろんなサイズや仕様の情報です。
 
 
上の写真をクリックすれば拡大されます。
 
巨大な仕様や連結された仕様は吹き抜けやモデルルーム、商業施設とか向きですね。
もう一つのステンレスクロームディスクも素敵ですよ。
 
パントンの照明はよく説明を受けずに買うと後悔すると思うので、欲しいなと思っている人は相談してください。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950


2013年7月17日水曜日

クローム仕上げのティッシュボックス 2013/7/17

たまに過去の更新を見直すと写真のクオリティが低いことに気になります。
日々写真の撮影技術と修正技術が上がっているので、今はかなりキレイな写真をお見せ出来ていると自負しています。(褒めすぎ)
でもコンデジなので一眼レフに比べたらしょっぱい画質ですよね。
今年こそは一眼レフ買いますよ!
 
さて、そんな話とは関係のなくgedyのティッシュボックスはコンスタントに売れます。
シンプルですけどあまり類似の無いスッキリとしたデザインが人気の秘訣ですね。
ホワイトなのも良いところなのですが、クローム仕様というのもあります。
 
 
こんなのです。
ピッカピカ。ホワイトと同じくABS樹脂なので、表面をクローム塗装してあるだけです。
たまーに注文を貰った時だけ客注分を入荷していたのですが、その都度入荷するのも面倒なので、展示して在庫も持っちゃおうということで、今日の入荷情報はこれです。
 
 
gedyはイタリアのサニタリーメーカーで、このティッシュボックスのデザインはマキオ・ハスイケさんです。
1979年からのロングセラーですよ。
写真のようにカバーのみクローム仕上げで、底はブラックです。
 
 
スリムタイプのティッシュボックスしか入りません。
ホワイトも良いですが、クロームも良くないですか?
でも銀ビカ仕上げなんて派手だなぁ。ちょっとこれ部屋には合わなくない?って思いますよね。
 
 
 
でも置いてみると、、、
まあ派手ですね。
目立つと思いますがそれが良さってことです。
なんか綺麗なんでじっくり眺めちゃいますよ。
 
gedy
Tissue box(Chrome)
¥3,800(税別)
size H63 W258 D132mm
 
通常のホワイトは¥2,415でっす。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年7月16日火曜日

ベジタルのミニチュア 2013/7/16

三日連続ミニチュアのこと。
 
でもミニチュアって欲しいけどちょっと高いなぁ。。。という人には今回入荷したものは買いやすいですよ。
してそれは何かというと、
 
 
Vegetalのミニチュアです。
ベジタルは2008年にVitra社から発売されたRonan&Erwan Bouroullecによるデザインのチェアです。
構造が機能を果たすオーガニックなフォルムのユニバーサルなチェアだそうです。
Algueと同じデザイナーですよ。オーガニックさが近いですよね。
 
それでそのベジタルのミニチュアが、当時発売を記念して特別に作られていました。
台数は不明ですが、レッドとグリーンの2色。
 
 
レッドは既に完売していたのですが、グリーンはまだありました。
なので仕入れました。意外と残っているモノですね。
一昨日のゴールドパントンチェアの次に更新すれば順番的に違和感なかったですね。限定生産的に。
現物サイズと素材が同じっぽいので、まさに縮小したって感じです。
 
無くなり次第終了の品なので欲しい方はお早めに。
 
 
Vitra Desgin Museum
Vegetal(miniature)
¥4,935
size H135 W101 D93mm
 
あと実際に座れるベジタルは¥39,900です。
欲しい人はうちでも販売しているので相談してください。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950