2013年9月30日月曜日

マルチプラーの予告 2013/9/30

ちょっと先の話ですが予告。
 
 
普通に使用しています。
お店で私のPC前に置いてあるこれ、「これはなに?」とちょくちょく尋ねられますし、欲しいとも言われます。
M名古屋に通っていた人たちには「これあったね!」とも言われます。
 
これはイタリアの『レキサイト』社から発売されている”マルチプラー”という商品です。
 
 
小物入れ
これが売っていたら欲しいという人が多いのですが、残念ながら販売はしていません。
 
確かモダニカ名古屋の時も、2007年ぐらいで販売を終了していたものです。
終了した理由は、その時の日本の輸入代理店が取り扱いを辞めたとかなんかそんな感じだった気がします。
それがそのまま現在までに至るわけです。
 
でも今日、とうとうマルチプラーの販売を出来る当てが見つかりました。
 
来年の一月ぐらいから販売スタートをしますので、これを探している人はもう少し待ってください。
 
これの再販は私も嬉しい。
 
まあ少し値上がりして¥4,515~ですけどね。
 
まだ先ですがお楽しみに~。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年9月29日日曜日

イームズウッドシェルチェアにシートパッド 2013/9/29

今月の土日祝日は壊滅的でしたね。いろんな意味で。
その代りウッドシェルチェアや店頭販売以外の売り上げが凄く良かったです。
店頭販売が多いときはそれ以外がさっぱりで、店頭販売がさっぱりの時はそれ以外の売り上げが良い。
なんだかうまく釣り合いが取れているなと思います。
どっちも良いとベストなんですけど、そううまくはいかないもんですね。商売って。
 
 
さて、イームズウッドシェルチェアをお買い上げいただいた人に贈るオリジナルシートパッドが出来上がりました。 (ホントは先週出来上がっていたんですけど)
プレゼント品を何にするか決めてから作っていましたので遅くなりました。
 
 
置くとこんな感じです。テラコッタ色です、レンガ色。
シートパッドはなくても困らないんですけど、あったらあったで便利じゃないですよね。
これだったら色合いもちょうど良くないですか?
 
 
ちゃんとcase study shopのタグつき。
以前も説明したのですが、このシートパッドは特別に作ったものです。
倉庫に眠っていたKNOLL社のヴィンテージ生地(未使用品)を出してきて、ウッドシェルに一番色が合いそうなものをチョイスしました。
わざわざヴィンテージの貴重な生地を選んだ理由は、ウッドシェルチェアの魅力に対してただのシートパッドを付けてもお得感がないかな?と思ったからです。
 
 
これはこれで良いんじゃないですか?
ホワイトアッシュの方も色合いが合っていると思います。
ウッドシェルは素のまま使うのが美しいんだよ派の人は、他のシェルチェアとかにこのシートパッドは使ってください。
 
ハーマンミラーオリジナルトートバッグのプレゼントは今日までなので、ウッドシェルチェアをご注文いただいた方にはもうバッグはプレゼントできません。
でも、このシートパッドはまだしばらく差し上げます。
 
しばらくっていつまでか。
 
えーと、いつまでにしましょう。
 
いつかしれっと辞めてると思いますので、その時まで。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年9月27日金曜日

ハングイットオール新色がでます。 2013/9/27

イームズの人気商品のひとつであるHang-it-Allに新色が加わります。
 
 
いままで限定仕様で別色がいくつか発売されたことがあるのですが、今回は定番色の増加です。
マルチカラーこそイームズデザインと言った感じですが、お部屋に合わせるときにやっぱり、合う、合わないって事があると思います。
 
そこで11月から加わるカラーはこれです。
 
 
HMJプレスリリースのキャプチャ
ブラックとホワイトです。
マルチカラーから一転、モノクロームですね。
ホワイトはちょっとわかりづらいのですが、清潔感があって素敵だと思います。
 
価格は通常のマルチカラーと同じく¥25,200です。
 
受注開始は11/1からのですので、欲しい場合でもしばらくは待ってくださいね。
 
 
本当はこの情報は9/30の情報解禁だったのですが、さっきHerman Miller JapanのHPを見たら告知されていただので、まあ、もういいかな、と。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1959




2013年9月26日木曜日

お部屋紹介⑮ 2013/9/26

超久しぶりなお部屋紹介です。
写真が貰えないというより、ここで紹介できる写真が非常に少ないのですよ。
 
今日は名古屋市C区のNさんです。
去年末からお付き合いをさせていただいております。
 
本人のご要望で写真は小さめにしています。
もう早速目につくのはHerman Miller社のイームズラウンジチェアですね。最近日本でも米国製に変更されました。このラウンジチェアはその後に購入していただいたので米国製のラウンジチェアです。これから経年変化していくのでそれが楽しみですね。
 
奥のソファはヴィンテージのHerman Miller社ソファコンパクトです。
アップじゃないと分からないのですが、珍しい生地で、なおかつヴィンテージにしてはすごく状態が良いモノです。色も素敵。私が探しましたが私自身欲しいと思ったほどです。
 
奥のストレージユニット2段は現行には存在しない仕様です。これはモダニカ製のCSUです。好きにパネルや段数などを選択することが最大の特徴です。
上に乗っているのはレコードプレーヤーでしょうか?確かに二段はオーディオ台として優秀です。
左にあるストレージユニットはHerman Miller現行品です。一段はサイドテーブル代わりに使うと格好良いですよね。
 
天井の照明はAKARIですね。
 
ご本人の印象はイームズ好きというより、この年代のアメリカのデザインが好きと言った感じですが、この写真を見たらイームズ好きにみえちゃいますね。いや、良い事だと思いますよ。
 
 
そしてこのテーブルに座布団、そして扇風機。 (この扇風機レトロで格好いい。)
この生活感こそ”リアル”ですし、本当の家具の良さが分かると思います。
 
例えば雑誌とかのお部屋紹介は、雑誌の為のお部屋になっているので、異常に整頓されたり物が少なかったりします。家具の配置もワンカットに入るように移動されていたり。
 
でも実際に家具を購入したら使うわけです。
だから使われている”まま”の様子を見てこそ真のデザインの良さが分かるんじゃないかと思っています。
 
皆さんもこういうお部屋紹介が見たいですよね!
 
 
ところでソファの上に鎮座している放心状態の人形はミッ〇ーなのでしょうか?
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年9月25日水曜日

ヴィンテージのT710 2013/9/25

日差しはまだまだ夏ですね。
週末から夜は冷え込むらしいので体調管理に気を付けてください。
 
 
さて、最近やっと供給が安定してきたT-710サイドテーブル
ウォールナットの無垢材に変更した事でお客さんの反応は良くなりました。
 
 
9/26写真差し替え。case study shop新品T710

ウォールナットというと”濃い色”というイメージだあります。実際濃いんですけどね。
無垢材の良いところの一つに、経年変化を楽しめるということがあります。
 
最初から色が濃い目なウォールナットは月日が経つとどうなるか。
 
ちょうど60年以上前のT710Small Side Tableの写真を送ってもらったので見てみましょう。
 
 
ヴィンテージT710
薄くなります。
というより、色が抜けるという表現が良いかもしれません。退色に近い。
でも木目は残っているので、それが強調されるようになってステキです。
 
 
実際ウォールナットが必ず色が薄くなる経年変化なのかと言われると、そうじゃない場合もあるのですが、こんな感じになるかなという参考にしてください。
 
問題は、いま新品のT710サイドテーブルを買ったから5-60年後も使っていけるか。ということですが、そのポテンシャルはあるはずです。大切にすればね。
 
 
ヴィンテージのT710の写真自体貴重なので、case study shopで正式に復刻したT710と比べてみてください。
クオリティの高さが分かりますよ。
 
ヴィンテージにこだわる人でも、T710は滅多に見ない品なので諦めて新品を買ってください。
 
それにしても無垢材は良い。
 
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年9月24日火曜日

カルテル商品廃盤情報 2013/9/24

新しいKartellの日本語カタログが届きました。
 
 
おニューになるのは3年ぶりですね。
今まで使っていたカタログがボロボロすぎて限界を超えていたので助かりました。
(3年前も同じことを書いたかもしれません)
 
 
国内定番商品以外もこのカタログに集約されています。
私自身ちゃんと読むと「あ、こんな商品あったんだ。」ってなります。
 
 
それで今日はKartell製品の廃盤情報をお伝えします。
写真がカタログの直撮りなんで、最高に貧相な写真ですが気にしないでください。昨日カメラ替えたから写真のクオリティをお楽しみに!って言った矢先にこれですよ。
 
 
Flipのブルーが廃盤となりました。
 
 
Francois Ghostのイエローがすべて廃盤となりました。
 
 
Prince AHAのイエローグリーンが廃盤となりました。
 
即日廃盤ですが、在庫があるものもまだございます。
その国内在庫が全て無くなった時点で販売終了となりますので、欲しかった人は今のうちに買っておいてください。
 
あとから欲しくなるもんなんですよ。
スクエアエレメントのランドリーボックスなんかは2012年に廃盤になってのですが、今もたまに問い合わせがありますし。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年9月23日月曜日

カメラ替えました。 2013/9/23

たまにインテリア関係のサイト見たりするとよくこう思います。
「写真がキレイだと商品がよく見える。」と。
だから一眼レフカメラが欲しいなとずーっと思っていました。
 
そしたらこの間から、今まで使っていたコンデジのレンズエラーが頻発するようになりました。
なので、これを機会にとデジタル一眼レフカメラを買ってきました。
 
どんなに頑張って写真を撮影しても、カメラの性能は超えられないですもんね。
 
 
ホワイト好き。
それで買ってきたのはこれです。
PENTAX K-50。レンズキットVer。
7月に発売されたばかりですね。
 
私は初めて一眼レフカメラを買うので初っ端からそんなに高性能なのを買うよりは、まずは扱いやすい機種からという事でお店に相談に行きました。
同社のK-30や、NiconのD5200といった同価格帯との悩みましたが、本体レンズ共に防滴・防塵なこのK-50にしました。私は扱いが荒いので丈夫な方が良いかなと。
 
軽く触った感想ですが、本当に簡単操作ですね。
だいたいAUTOで問題ないですし、それでいて写真もすごく綺麗に撮れます。
グリップ感も良く、なによりカラバリが豊富。
でもK-30とたいして変わらないんで、初期レンズが防滴・防塵ということに価値を感じない人はこれじゃなくても良いと思います。
初期レンズは18-55mmなので、私のように室内で撮ることが多い人は良いと思うのですが、屋外で使うのなら200mmか300mmのレンズが欲しいところですね。
 
初心者向けにしてはミドルクラスの性能なので、最初のデジイチとしてはオススメです。
 
今後のブログ更新はこのカメラを極力使って行きますので、今までよりもっと素晴らしいクオリティでお届け出来ると思います。
お楽しみに。
 
 
あとはこのカメラで撮った写真を紹介しておきますので、K-50を考えている人は参考にしてください。 画像はクリックで拡大されます。
※ちょっと彩度とか明度とかあとから加工しています。
 
 
ねこ
ねこのかお
ねこのくち
ねこのみぎめ
ねこのあし
ねむいねこ
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年9月22日日曜日

銅の時計 2013/9/22

タイトルをみて、金の時計や銀の時計の親せきかなとおもったあなたは立派な名古屋人です。
県外の人にはさっぱりだと思いますが、名駅で待ち合わせにするときはよく使います。
 
そんな話とは関係がありません。
 
 
渡辺 力(リキ)氏の2011年の作品。「銅の時計」を展示しました。 (わたなべ ”か”って読む人はいないと思いますが念のため。。。)
当時お店に入れなかったですけど、今一度見直したらこれ素敵じゃないと思い直したからです。

 
2011年当時に渡辺 力さん100歳を記念して製品化されたものです。
氏のもっとも愛する金属、”純銅”を使用したて枠を造られています。
 
渡辺力さんは京王プラザホテルのメインバー「ブリアン」のインテリアデザインをしており、その時に初めて剥き出しの銅板を持ち込んで以来、愛着はますます深まり、クロックデザインにおいても数々の試作でその可能性を探ってきたそうです。
 
 
純銅の特性上、一部塗装落ちみたいなのがあります。
しかし美しいですね。
実物はもう少し艶っぽくキラキラしています。
 
時計自体は名作RIKIクロックをベースにしてあります。
 
 
ですが、奥行きは深めになっています。
そのおかげでこの銅の美しさをより堪能できるデザインですね。
 
 
こうすると分かりやすいですか。
すごく分厚いように見えますが、壁に付けるとそんなに気になることはありません。
むしろ分厚いからこそ遠くから見ても存在感があって綺麗です。
 
 
裏には氏のサインも入っています。
 
上品な輝きです。
 
上品なあなたにどうぞ。
 
Lemnos
銅の時計
¥18,000(税別)
size Φ240 D60mm
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950


2013年9月21日土曜日

折りたためてコンパクト。ソファコン。 2013/9/21

今日はジャコ・パストリアスの忌日ですか。
好きなんですけど、彼の最後は何回読んでも残念に思えます。→ジャコ・パストリアスwiki
 
 
さて、珍しく白黒にした写真。
これはこの間お客さん宅に納品したヴィンテージのソファコンパクトです。
ご要望があったので探しました。
 
略してソファコンに関しては現行品より、確実にヴィンテージの方が人気がありますね。
サイズ的に店に置けないんですけど、たまにヴィンテージのソファコンが欲しいという方がいらっしゃるので探したりします。
 
あ、ソファコンってこれですよ。
 
 
PCに入っていたいつのか何処かも分からないソファコンの写真。昔のモダニカ関係には違いないと思いますが。
イームズの名作家具の一つです。 (正確にはドン・アルビンソンのデザインと言われていますが。)
見覚えありますよね?
 
じゃ、話を続けますね。
 
 
ヴィンテージ品の方が人気があるのは折り畳みが出来るからでしょうね。
古いやつは一番上の写真のように背もたれを前側にノックダウンできるんです。
ソファ”コンパクト”の由来は、コンパクトに出来るというところからで、これは輸送コストを抑える為に考えられたアイデアです。
輸送コストまで考えてデザインをするイームズさん優秀すぎ。
 
でも現行品は折りたためません。
 
これがヴィンテージソファコンを欲しい人が多い理由だと思います。たぶん。
 
だからといって現行品が劣化かというとそうでもありません。
これは一長一短ですね。
 
輸送コストは新品送料無料で購入すれば関係の無い事ですからね。
 
・・・まあそのご引っ越ししたりすれば関係あると思いますが。
 
ソファコン購入を検討されている方は参考にしてください。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年9月20日金曜日

ルイゴースト10周年モデル最終値下げ。 2013/9/20

三連休がひと月に二回もあるなんて9月さんは大盤振る舞いですね。
それに比べて6月さんはやる気が感じられない。※6月は祝日がないです。
 
そんな今日は最近の流れを無視してこんな話題。
 
 
お店に一脚だけあるルイゴーストの10周年記念限定100台モデルですけど、最終値下げするんでどなたかいかがですか?
 
LOUIS GHOST 10th ANIVERSARRY
¥SOLD OUT!
size W540 H940 D550 SH470mm
 
展示しているだけで、一度も誰も座っていないので状態も新品同様だと思います。
コレクション目的とか、一脚だけ椅子が欲しいって人にはピッタリかなと。
 
何と言っても100脚しかないんですよ!レアですよレア!
 
じゃあ安くすんなよって話ですが、その辺は察してください。
 
うちもいろいろあるんですよ。
まあおもに広さの関係ですが。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年9月19日木曜日

ウッドシェルチェアの裏側のどうでもいい話 2013/9/19

営業時間の変更とかHPでちゃんと更新してるんで皆さん見てくださいね。
http://www.casestudynagoya.jp/ 来店前には必ずお知らせの部分をご覧くださいませ。
 
 
今日はイームズウッドシェルチェアの納期についてご注文いただいた皆様に連絡しました。
今回”抽選”という手法がとられたので、なかなかすべての方に早期の納品が出来ず恐縮です。
 
ハーマンミラーストアや他社だと次回納期は2014年2月上旬~中旬になっていると思いますけど、欲しいと思っている人は一度納期についてうちに相談してください。いろいろ細かく説明しますよ。
 
そして今日も雑談です。
これでしばらくウッドシェルチェアの事を書くこともないと思います。連日書きすぎましたね。
あと、今回(いつも)日本語がおかしいですけど直す時間が無かったのですいません。
 
 
カタログの写真まま撮影。さんとすぱりさんだー。
初めてウッドシェルチェアの情報が出たときに公開されたこの写真。
赤丸の部分をよく見てください。黒いショックマウントがついていませんか?
 
 
カタログのまま撮影
この写真も最初に公開されたものです。
赤丸でチェックはしませんでしたが、やっぱり黒いショックマウントがついていますよね。
 
だから私は「へー、ゴムショックマウントの復刻するんだー」とちょっと楽しみにしていました。
 
これのことです。ヴィンテージのシェルチェア。
黒いショックマウントは、過去にGFRP(ガラス繊維が入った強化プラスチック)製でシェルチェアが作られていた時に使用されていたものです。
ゴムショックマウントの中にナットが埋められているわけです。
 
プライウッドのシェルに現行品のポリプロピレン製のような埋め込み式のナットを作るのが難しく、昔のようにゴムのショックマウント式にしたのかな?と考えいました。
 
 
以前お見せしましたが。
で、実際製品化された現在はどうなったかというと、上の写真のように木マウントを装着された仕様になりました。
つまり、初期の写真はゴムショックマウントを付けた試作品という訳だったのでしょうね。
 
変更した理由を正確には知りませんが、おそらく耐久性の問題かと想像が出来ます。
ゴムのショックマウントを特殊な接着剤でプライウッドに接着するわけですから、外れないかちょっと心配かもしれません。保証も5年間ありますし。
 
でもおかげでウッドシェルらしさが裏側にも見て取るれるようになったと思います。
 
これってダボ継ぎみたいな感じになっているんでしょうかね?
 
 
ハーマンミラーストアのキャプチャ
でもハーマンミラーストアのイメージCGを見ると黒いショックマウントがついています。
ですが、納品する仕様は先ほどから説明している通り木マウントですよ。
 
細かい話なのでどうでもいいのかもしれませんが、接合部分とか商売柄すごく気になる性質なので書いてみました。
 
ゴムショックマウントが見たかった人には、、、
 
また今度書きますね。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年9月18日水曜日

「ふたりのイームズ」のDVDが発売するみたいですよ 2013/9/18

そろそろあれ発売しないかな~と情報を調べたら案の定発売の告知がされていました。
 
 
引用:角川書店のHP リンク→http://www.kadokawa-pictures.jp/official/eames/video.shtml
映画「ふたりのイームズ」のDVDです。
2013年12月13日発売ですって!
結局観れていない人よかったですね。これで家でも見ることが出来ますよ。
やっぱ初回限定盤が欲しいところですよね。
 
えー、うちでは取り扱いしません。
なので欲しい人は各自どっかで買ってください。
 
お店に置いておいたら欲しい人がいるかもしれないから、販売するだけ販売してみたら?というお話もよく分かります。
 
じつは、このDVDの発売情報を見た後に、ふたりのイームズのHPを見たらトップページにDVD発売の告知が出ていたんですよ。
購入ページがリンクになっていたのですが、それがAmazonの販売ページに飛びまして、販売価格が27%OFFなんですよ。
 
うん、もうこれお店で売れるわけない!
 
と思ったので取り扱いを辞めました。
辞めましたといいますか、正直な話をするとDVDの流通ルートって分からないので取り寄せ方法が分からないんですよね。(Amazonの価格を見て調べる気なくなりましたし) ※後で取り扱いしないかって連絡が来たのでわかりました。


 
あっ( ゚∀゚)!!

 
 Amazonの27%OFFで買ってお店で定価で売れば良いんだ!
 
 
 
・・・冗談ですよ。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950


2013年9月17日火曜日

ウッドシェルチェアの今後の納期 2013/9/17

もう夜はエアコンいらないですかね。
 
 
レザーシートパッド置いてみました。グッドマッチ。
さてさて、9/14に発売を開始したイームズウッドシェルチェアですが、納期についてお知らせします。
3連休あけてハーマンミラー社への受注状況わかりまして、今後ご注文を頂いたウッドシェルチェアの納品には約五ヶ月程かかります。あまりにも人気すぎて米国のハーマンミラー社に受注が集中しているからです。
五ヶ月後というと・・・2014年の2月頃ですね。
ものすごい日数がかかりますが、早いところ注文をしておかないとどんどん納期が遅くなっていくと思うので、早め早めに決めたほうが良いと思います。
 
それでも在庫が用意でき次第順次手配をしていくようにします。
もちろん先着順です。
 
すでにご予約、ご注文を頂いた方々には国内在庫分を随時出荷できるように尽力中ですが、なにぶん運の要素が加わるのでまだ確定した納期が分かっていません。
分かり次第連絡していきますので、もう少々お待ちください。ほったらかしにしているわけではありませんよ。
交渉中です。
 
いやー、しかしこんなに売れるとは。
うちでさえこれだけの受注量なので、全国規模で考えるととてつもないオーダー量なのでしょうね。
 
何脚売れたかは秘密。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年9月16日月曜日

うちで一番売れるもの。 2013/9/16

今日の台風は大丈夫でしたか?
 
午前中には通り過ぎたので営業には差し支えなかったのですが、栄も外出する方が少ないようで人が少ない印象でした。
うちはお察しくださいレベルでした。祝日なのに。
 
まあそれでも何名かいらっしゃったのでありがたいかぎりです。
 
そんな今日は雑談です。
よく聞かれることにお答えします。
 
それは、「このお店で一番売れるもの」です。
 
なんだと思いますか?
 
 
販売点数じゃなくて、販売合計額で考えてみてください。(販売点数だとポケットティッシュケースになっちゃうので。)

 
正解は、、、


 
あんまり意外じゃない・・・?
アーロンチェアでした。
 
それにエンボディチェアもセイルチェアも売れるので、うちのお店の売り上げの1/3はHerman Millerのワークチェアで成り立っています。

ほんと、これがなかったらお店をやっていられないレベルです。 
 
以前M名古屋ショールームに居た時は全くといっていいほどアーロンチェアは売れていませんでした。
なのに今はこれが売れ線になっています。
立地的にはナディアパークの方が良いに決まってますもんね。お世辞にも今のうちのお店は立ち寄りやすくないと思いますし。不思議なもんです。

HPにも”オススメ”にわざわざワークチェアを載せているのもそんな訳です。検索してHPに辿りつく人が多いので分かりやすいようにです。

case study shop nagoya HP


思う事は、ワークチェアを探している人は世の中にたくさんいるんだなぁという事です。当たり前の感想ですけどね。
でも実際自分でお店をやっていてそれを実感しました。

いつかワークチェア屋さんになるかもしれません。


なりません。

 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年9月15日日曜日

シェルチェア張替の参考に 2013/9/15

明日もし台風が直撃して、営業中に暴風警報が出ていたらお店はやってないかもしれません。
まあそう言いながらどうせ夜のうちに通り過ぎるんで大丈夫だと思いますが、一応記載しておきます。
 
さて、うちはシェルチェアの張り替え張込みを売りにしている訳ですが、過去には生地を張ったオリジナルのシェルチェアを結構販売していたみたいです。
 
そんな写真を見つけましたので張り替え、張り込みの参考に見て行ってください。
 
フィルム現像をスキャンしたものなので画像はお察しください。
 
 
ストライプやギンガムチェックっぽいやつ等、今見てもけっこう素敵ですね。
 
ここら辺のシェルチェアの一部は、今のように職人に特注してもらったものではなく、ハーマンミラージャパンとの協力に生まれた物もあります。チェッカーのやつとか10年以上前に4万円ぐらいで限定販売していたと記憶しています。
 
シェルチェアの張り替え・張り込みを検討している人には良い提案になったのではないでしょうか。
こんな柄でポップでキッチュなシェルチェアもなかなかです。
 
 
ところで一番最後の写真のテーブルの上に見覚えのあるモノがありました。
 
 
これです。
00年のモダニカ名古屋ショールームですが、テーブルの上に瓶が二本置いてありますよね。
 
 
今もありました。
これですね。
熟成されすぎて禍々しささえ感じます。
 
モダニカ名古屋を片づけしたのは私なので、その時にあった備品とかはこの場所で使っているものもあります。
だからこんなのもまだ残っていたりするわけです。
 
捨てるのもなんかもったいないですし、これ、どうしましょうか?
欲しい人います?
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950