2014年8月31日日曜日

ハリスチェアにダウェル。 2014/8/31

8月も終わりですね。
今月は天気も悪かったですしまあしょうがないです。と割り切るしかないでしょう。
来月は良くなるといいな。
 
 
さて、この間ですね、ハリスツイードチェアのヘリンボーンを再発します!って更新したんですが、そのヘリンボーンのシェルチェアが東京の東急線が発行する「SALUS(サルース)」というフリーペーパーに掲載されたよって目黒から連絡がありました。
 
その紙面の写真を送ってもらったのですが、
 
 
あれ、脚違うじゃん。
ダウェルベースのウォールナットじゃないですか。
 
キャッツクレイドルは????
 
 
でもこれはこれで素敵なのでブログで紹介しました。
価格的には10万円近くなりますけどね。
 
あと、なんか脚の長さが短い気がするのですが、実際短いそうです。これ。
レプリカのダウェルなんですけど、それの脚先をカットして加工したものだそうです。
 
なんか短足でバランスが気になりますけど、身長の低い人には座りやすいでしょうね。
これは、やろうと思えば出来るという程度に理解しておいてください。作るの大変なんで。
 
 
読みたい人は東急沿線に行ってください。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950


2014年8月30日土曜日

お部屋紹介(30) 2014/8/30

今日は長文なのでいつものくだらない前置き抜きでお部屋紹介です!
 
名古屋市東区のFさんから写真を頂きました。いつもありがとうございます!
Fさんはですね、モダニカ名古屋が開店した当時(17年ぐらい前)ぐらいから通っていらっしゃる数少ない人で、今でもうちの店に来ていただけています。ほんと感謝。
 
そんなお写真はcase study shopの歴史を垣間見るようで面白いです。
 
ということでいきます!
 
 
まず目に入るのがアレキサンダー・ジラルドがデザインした”各国語であいしてる”の額です。
もうこの時点でこの住人の趣味がうかがえます。おそらくこの年代が好きなんだろうと。
 
 
そして玄関マットはcase study shopオリジナルのリンゴマットを特注したものです。
通常はこのように縁が丸く加工がされていません。丸いと温かみが出ますね。
 
 
リビング部分でしょう。
椅子は全てHerman Millerヴィンテージのサイドシェル達。もうこうやってヴィンテージのレッドを複数揃えることも難しくなりましたね。
照明はルイスポールセンのPH5。テーブルは不明ですが、ウォールナット色とレッドのシェルと白いPHの組み合わせがまさにミッドセンチュリーっぽくて素敵です。
壁にかかっている帽子は限定色のハングイットオールにかけられています。あのウォールナットの奴です。まったく見えなくなっていますけど。
 
 
壁面のアップ。
いろいろありますね!
足元にあるイームズエレファントは2007年にチャールズ・イームズ生誕100周年を記念してvitraからリリースされた限定のプライウッドエレファントです。あとレッドが存在するのですが、各色日本国内では100体限定だったものです。貴重!
左下のほうにあるポラロイドカメラはSX70じゃないですかね。あのイームズが製品紹介ビデオを作ったやつです。
二段のペーパートレーはcase study shopのもの、マルコ・ザヌーゾのキッチンスケールにカッコー時計はlemnosのミュルミュール。そしてたくさんのナウガ達。楽しそう。
 
 
テレビ付近。
レアなものがありますね。右側に立っているなんかオブジェっぽいもの。
これはレッグスプリントといって足を骨折した時に添え木にするもので、40年代にイームズが作ったものです。当時はこれを大量生産してたくさん売って稼いだって話です。
テレビ台も雰囲気に合ってばっちりです。
 
でもそれより気になるのはそのうしろでしょう。
 
 
すごいレコードの数!そしてDJブース!
FさんはDJもやっておりまして、自宅にこの特注のDJブース台を作ったほどです。
そしてそのレコードの数は4000枚以上!まさに圧巻!
ショップが開けるぐらいですね。というかここがクラブになりそうです。
さすがに音楽に関しても非常にお詳しいです。いつも勉強になります。
 
 
スピーカーもすごい。これだけのものだとさぞ良い音が出るんでしょうね。
防音とかどうなっているのか気になってしょうがないです。
奥のSAFE SEXはキースへリングのもの。
 
 
そしてテレビの向かいはソファスペース。
このグリーンのソファはアクタスのもの。気持ちよさそう。
サイドテーブルはスケートデッキスツールで、ティッシュボックスはcase study shopが以前作ったプライウッドのもの。
クッションはパントンとイームズのマハラム生地を使って作ったものに、なんといってもラグはオリジナルモンドリアンラグです。雰囲気ありますね。
奥にさりげなくエレファントスツール。
 
 
このクレデンザ(キャビネットのこと)はむかーしcase study shopオリジナルで作っていたものです。
これねー、格好良いんですよ!今でも作れるもんなら作りたいです。仕上げもきれいですし、なにより金具が素敵。縁がテーパー仕上げになっているのもポイント高いです。
上には使い込んだウーテンシロにマルチプラー、ロードレックスの名刺入れにラバライト。イームズの100周年記念の切手も額に入れて丁寧。ごみ箱はプライウッドウェストバスケット。時計はVitraの真鍮製ボールクロック、コートはアントレックスから発売していたもの。見たことあるものばかり。
 
 
この額に入ったモンステラは和紙に描かれたもので、オーノテツローさんによる作品です。
格別の出来栄えですね。モンステラと和紙。これほどスタイリッシュなものはあまり見かけません。
今はもうないです。最後の一枚をこのFさんに当時販売しましたので。
 
 
サイドテーブルは旧仕様のジェンス・リゾムT-710です。前と今では作りとかいろいろ違います。
キースへリングのポスターと上の映画のポスターはアレキサンダー・ジラルドがデザインしたものだそうです。知らなかった。
 
 
最後は最近オーダーしていただいた植物の紹介です。
器だけ持ってきていただいて、植物のイメージを教えていただいていつもお世話になっている植物屋さんにお願いして植え込んでもらいました。(ニコちゃん以外)
缶の雰囲気と相まって素晴らしいビジュアルになりました。ご自身もイメージ通りと喜んでいました。
 
ということで、どうですか。長くcase study shopと付き合ってきた人ほど楽しめるアイテムが盛りだくさんでしたね。全ての物を拾いきれないので後は各自で見直してください。
 
音楽と家具の融合。
そんな盛り上がりそうな御宅でしたね!
 
家具が好きな人は音楽好きが多い印象ですけどどうでしょう?
やはり空間をつくる要素として家具、音楽は切っても切れない関係だからでしょうか。
 
 
あ、Fさんは音楽関係のブログをやっていますので興味ある人はぜひ
 
 
↑こちらです。
 
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2014年8月29日金曜日

desertic knit stoolあとわずか! 2014/8/29

8月最後の土日ですけどどうなんでしょう。今月は今年一番断トツで売り上げが悪いので少しは挽回できると嬉しいですね。
 
 
さて、今日はあれがあと僅かですよってお知らせです。
 
 
ファッションブランド「デザーティック」と「ケーススタディショップ」のコラボレーションで生まれた「ニットチェア」は、デザイナーの平武朗(たいらたけあき)さんが一つ一つヴィンテージニットをパッチワークして作った素材を使用して、一流の職人がイームズのシェルチェア(ハーマンミラー社製ヴィンテージ)を丁寧に張り替えたものです。
すべて一点もので、男女・国籍・年齢問わず見る人誰をも引き付ける魅力をもった、心温まるアート作品のようです。

これまでにサイドシェルとアームシェルの2タイプを発売していますが、このたびスツール(上写真のものです)を限定発売することになりました。
スツール本体はサーリネンがデザインしたKNOLL(ノール ) 社製ヴィンテージを使用し、パッチワークはチェアより小さめの8cm角にしました。座は回転式で、クッションは新品に交換しています。
お問合せは、全国の「デザーティック」と「ケーススタディショップ」取扱店舗までお願い致します。

http://www.desertic-tokyo.com/【デザーティック】
http://www.casestudy.co.jp/【ケーススタディショップ】
 
ニットスツール/ knit_stoolsize Φ400mm H420mm
¥88,000-(税別)
 
↑↑↑↑↑↑↑
 
っていうこのKnit Stook何ですけど、数量限定受注生産と販売していました。
 
その数量がそろそろ限界になって、あともうほんと数えるぐらいしかスツール部分がありません。
なので、欲しかった人は早めにオーダーください
 
この商品自体が無くなるかと言われるとそれはまだわかりません。
少なくとも値段が高くなると思います。
 
 
これで商品は継続して販売されて価格も変動しなかったらいかんことですからね。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2014年8月28日木曜日

ボビーワゴン限定色オーキッドピンク発売します 2014/8/28

ボビーワゴンから限定色が発売されますよ!
なんか久しぶりな気がします。
 
 
今回の限定色は「オーキッドピンク」です!数量限定。
8月29日(金)より発売開始します!
 
デザイン:ジョエ・コロンボ
メーカー:B-LINE
2段2トレイ ¥39,000(税別) size W430 D420 H525mm
3段3トレイ ¥46,000(税別) size W430 D420 H740mm
3段5トレイ ¥50,000(税別) size W430 D420 H740mm
 
 
オーキッドは蘭を意味しますので、蘭のようななんかぼんやりしたピンクなようななんかそんなような色をイメージしているんだと思います。
 
メーカーの説明によると”ペールトーンのピンクの中にほのかにパープルが入っておりオーソドックスなピンクほどフェミニン過ぎず上品で洗練された淡い色合いとなっています”って書いてあります。
 
なんかそんなような色とか説明している私とは語彙力が違いますね。
 
繰り返しになりますが数量限定なので無くなり次第終了です。
お届け予定日は9月中旬~下旬より順次となります。注文が早いほうが納品が早いってことです。
 
でもお店にこのオーキッドピンクの展示はないので今のところ画像でのみの販売となります。
 
 
お、この色欲しいじゃん。何処で注文しようかな。
まあたまにはお前んとこで買ってやろうか。って人お待ちしております。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950


2014年8月27日水曜日

ヘリンボーンのハリスツイードシェルチェア再び! 2014/8/27

お待たせしました!
 
去年末から年始にかけて好評のうちに生地が無くなってしまい販売終了した”あの”シェルチェアがまた用意できるようになりました!
生地がやっと日本に入ってくるからです。もうすぐ。やっと日程が決まりました。
 
あのってどれか、
 
 
このハリスツイードで張替えたイームズシェルチェアです!
のダークグレーのヘリンボーン柄です!
 
待ち焦がれていた人も多いと思います!
 
 
格好良い・・・!
 
でもですね、以前と同じヴィンテージのHerman Miller米国製シェルチェアで作ったとしたら試算の時点で結構な価格になってしまうことがわかりました。
以前販売した時の価格は、この時だけです!って価格で販売してましたんですけど、それにしてもかなりの違いが出てしまう。それにハリスツイードは今年値上がりしているんです。
 
どうしようかな、と考えたところに思い出したのが日本製のサイドシェルチェア
これだ!
 
ということで今回のヘリンボーンは日本製のサイドシェルチェアに張ります!(モダンファニチャーセールス製ではありません。90年代のHerman Miller Japan製です。裏のエンボスはDESIGNED BY CHARLES EAMESのみ。)
このパーチメントだけです。
 
 
白抜きじゃないほうが雰囲気がわかりやすいかもしれません。
 
これ、以前の写真なんです。
だから現状お店に展示はできていません。今から作ります。
ただまあ見た目はこれと全く一緒ですよ。
 
そして気になるお値段。
 
case study shop
Harris Tweed Shell Chair
¥80,000(税別)
size H645 SH315 W465mm
 ※ラウンジベースのブラックとセットの価格です。(ベースは国産レプリカです)
 
【注意点】
・モールは新品に交換します。強制的にブラックに。
・シェル部分はHerman Miller日本製なのでユーズドです。そのためキズや汚れなどはありますのでご理解ください。
・職人がひとつひとつ仕上げますので多少の個体差があります。
・納期は遅れることがあります。
・本品は受注生産品です。
 
 
数量限定です。日本製のシェルチェアが無くなり次第この価格は終了です!
 
 
今日から受注開始します!
納品予定は10月~11月だと思います。
 
 
一見すると、遠目に見るとただのグレーに見えますが、よくみるとヘリンボーン。
この主張しなささが最高に格好良いですね。
なにより座り心地がめちゃくちゃグッドです。
 
 
ちゃんとモールも縫い合わせて仕上がりも素晴らしいです。
 
ぜひこの座り心地を体感してください。
別の柄のハリスツイードシェルチェアなら展示していますよ。
 
納品までに時間がかかるので、先々予想してオーダーするのがグッドです。
 
 

case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2014年8月26日火曜日

スケートデッキスツールはセットでのみの販売となりました 2014/8/26

昨日粗大ごみを出すときに調子に乗って張り切ったら右肩をやってしまいました。
おかげで首が大きく動かせませんし右肩も45°以上上がりません。少し動くだけで痛い。
でもお客さんの対応しているときはその痛みも忘れます。
今日なんか売約済みの1mのイームズのテーブルを路上で待つお客さんのもとまで一人で運び出すのに全然苦痛じゃなかったですもんね。終わってから痛み出しました。不思議なものです。
 
 
さて、細かいことなのですが、ちょくちょく問い合わせがあるのでここで更新することがあります。
これで問い合わせが無くなってくれればいいです。 (問い合わせされるのが迷惑なわけじゃなくて、せっかく問い合わせてもらったのに断るのが申し訳ないんです)
 
 
MADE BY SEVENのスケートデッキスツールですが、以前からメーカーからベースのみの供給が出来なくなっています。
なので、ばら売りできますよ!ってのが売りの一つだったんですが、今後(以前から)はスケートとベースのセットでのみの対応となります!
 
うちはすでにベースだけの在庫はありません。
セットでなら在庫がありますので、そっちでしたらいつでも販売できます。
 
MB7 SKATE DECK STOOL
¥19,000(税別)
組み立て時size H365 D200 W625mm
 
 
でも以前このベースは¥13,800(税別)で販売していたんですよ。
そうすると単純計算でスケート部分だけは¥5,200(税別)ということになりますよね。このスケート部分はカルフォルニア産の本物のスケートデッキなので、車輪を付ければ滑ることが出来ます。
そう考えると結構お値打ちな価格設定だと思うんです。
 
だからベースだけしか必要なくても、スケート部分はスケート部分で何かに使えるんじゃないでしょうか。
使えないですかね。
私がスケートやってればもっと良い提案ができたかもしれません。
 
あ、スケートの上に載っているのはロイヤルペットです。
ただスケートデッキスツールの写真ばっか撮っても毎度なんの変わり映えもないと思って。
 
 
最後に生き残ったセイウチ
 
意味はないです。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2014年8月25日月曜日

お部屋紹介⑧ ネルソン編 2014/8/25

いま目黒でジョージ・ネルソン展がやってるじゃないですか。
それに関してタイムリーな話題です。
 
そんなお部屋紹介ですよ、今日は。
 
新規の人じゃなくてもはやブログ常連のお部屋紹介⑧のAさんに、これを購入していただいたので写真を頂きました。
 
 
さあどれでしょう。
 
わかりますよね、手前の超目立つソファです。
そうです、Herman Miller社製ネルソンデイベッドのヴィンテージ品です!
しかもヘアピンレッグで生地の張替えのしていない、通常使用に問題のないグッド状態品です。
なんといっても60年以上前の品ですからね。
状態もさることながら、そもそもデイベッド自体の数が少なく、さらにかなり高価格で取引される逸品です。
 
以前からAさんはデイベッドの購入を検討されておりましたが、とうとう購入を決意。そしてうちに相談をしていただいた次第です。
そこから用意したのがこのデイベッドです。色も良いですし、近年なかなか見ない良い状態です。
お値段も相当頑張りました。
 
 
テーブルの上にさりげなくネルソンの本が
最高に格好良いソファですね。これは。
私も憧れる家具の一つです。
ちょうど目黒美術館でやっているジョージ・ネルソン展でこれと同じヘアピンレッグの2シーターのパープル生地のデイベッドが展示されています。展示されるレベルのものです。
2シーターと言ってもご覧の広さですけどね。
 
 
ということでジョージ・ネルソン展 in 静岡と題しまして、ネルソンの作品を中心に写真を送っていただきました。
 
 
もうすでに一枚目と二枚目の写真に写っていますが、テーブルはプラットフォームベンチです。
しかし脚が特殊!
Herman Miller社は以前からこのメタルベースのベンチを用意しておりまして、ウッドレッグより値段が上がるのですがオリジナル好きにはたまらないデザインとなっております。
当時のヴィンテージは目黒美術館にも飾ってありましたね。
 
 
そんでウッドレッグのプラットフォームベンチも持っているという。
和室に合いますね。イームズのチルドレンチェアに合わせて子供用テーブル代わりといった感じです。LTRTはリミテッドエディションですね。
すげー柄のアームシェルチェアもありますけど。サンリオ柄。
 
 
テーブルはネルソンエンドテーブルです。
以前うちでも展示していたのですが、この天板φ720mmというサイズもあるんです。
有機的な脚が特徴のベースですね。これも目黒美術館に展示されていたはず。
 
周りを囲むシェルチェアたちはこれですね→ 「お部屋紹介⑧のいま
白いテーブルを囲むカラフルな椅子って構図がいいですね。
 


ボールクロックにアイクロック。目黒美術館には多くのクロックがかかっていましたね。
ボールクロックはハワードミラーのオリジナルでしたが、このアイクロックは同じVitra製が飾ってあったような気がするんですけどどうでしょう。うろ覚え。違ったらすいまsねん。

ネルソンの時計というとここら辺が好みの人が多いかなと。
どっちかという下のESU420、ESU240、ESU120の段違いの組み合わせのほうが気になるかもしれません。すべてHerman Miller社製。壮観。


最後はズータイマーです。モチーフはゾウですね。
このゾウ、アップで見ると柄が指紋なんです。一説にはネルソンの指紋だといわれたり言われなかったり。真相は不明です。
このXベースはあの時の奴ですね。オレンジのDCMと白壁に佇む姿が素敵です。

多分入場料払ってでも見たい人がいるでしょうけど、一般宅なのでそれはできません。
個人でここまでそろえている人は稀ですね。素晴らしいです!

まさにコレクター。Aさんいつもありがとうございます!

Aさんはブログをやってますので、興味のある人はぜひ見に行ってください。

クーリフズムーイ

あとバイク好きな人やBUCK-TICK好きな人も見る価値有りますよ!


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2014年8月24日日曜日

ハングイットオールのホワイト 2014/8/24

久しぶりにバイク乗りたいなと思って、イームズ夫妻がまたがっているバイクの価格を調べたら結構なお値段でした。さすが英国のヴィンテージバイク。そもそもメンテナンスができない(しない)自分にはどだい無理な話でした。
 
 
↑これはあれですね。去年新発売したEames Hang-it-Allのホワイトですね。
間違えて注文したやつです。誤発注なんて初めてで店に届いたときに目を疑いました。自分がミスをしたことにびっくり。在庫分で良かった。普段はマルチとブラックをお店に在庫として持つようにしています。
 
ホワイトは正直あんまり動かないだろうな。と勝手に思っていたので。
 
 
でも実際見ると塗装が上品できれいですね。
ツヤっぽいです。これは実物を見たほうが良いでしょうね。写真ではまったくもって魅力が伝わらないカラーです。
 
Herman Miller
Emaes Hang-it-All
¥24,000(税別)
size W500 H380 D170mm
 
 
赤い丸の位置
 そうそう、いまHang-it-AllにHerman Millerやeamesのシールってつかないんですよ。


左がMマークで右がeamesのサイン
以前までのやつはこの↑部分にシールが貼ってありました。

正規品かどうかを見分けるポイントでもあったのですけどね。

じゃあコピー品と変わらなくない?なんて早まらないでくださいね。

塗装が全然違いますよ。やはりHerman Miller製はきれいです。色合いも忠実ですしね。ここら辺はフィーリングなので、口でどうこう伝えることは難しいです。
でも、実物をちゃんと見て家具愛がある人ならわかってくれるはずです。

そもそも正規品かコピー品かの違いは造り以前の問題ですけどね。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2014年8月23日土曜日

家具の日焼け 2014/8/23

また土日が雨ですか。
8月は嫌がらせのような天気の連続ですね。めげずに頑張りましょう。
 
でも雨が降っていると日差しが無いのでこの季節は快適かもしれません。気温的には。
それに夏の日差しは強烈ですから、直射日光が家具にはやっかいなものです。
 
 
ご存じイームズシェルチェア。DAR。
Herman Miller現行品のポリプロピレン製です。

ホワイトですね、これは。
 
以前からですね、この家具を展示している窓際あたりに来ると変なにおいがしていたんです。
ずーっとどこが匂いの元かわからずにいたんですが、最近原因を発見しました。
 
 
真ん中に置いてある四角い紙っぽいものはホワイトのカラーサンプルです
このDARそのものが原因でした。
 
黄色くなりすぎてやばい。
完全に直射日光の当たりすぎによる劣化です。
色が変わるだけでなく、ポリが何らかの化学変化を起こして焼けるような匂いもしています。
 
ポリプロピレンといえどもやっぱり日光は良くないです。
 
家具を大切にするんでしたら、なるべく日光は避けたほうが無難です。当たり前のことを書くようですが、忘れがちになってしまいますからね。
ご家庭や事務所では日陰を作るようにしましょう。
 
うちでは以前から日差しがお店に入る時間帯(13~15時)は窓のブラインドを下げています。
営業していないってわけじゃないんですよ。
 
 
ちなみに、黄色くなってしまったプラスチック製品を白くする方法を過去に更新したことがあるので参考にでもしてください→ 「プラスチックを白くしたい
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950


2014年8月22日金曜日

マンスリー・エムって雑誌 2014/8/22

あ~、ブログのネタがないな~って時は昔の本とか資料とか見直したりします。持ってるだけで読んだことないものとか結構ありますし。
そう毎日毎日入荷するものもありませんよ。
 
ということで昨日に続いて独り言みたいなもんです。
 
 
マンスリー。エム 第2号
2000年発行ですので14年前ですか。
かなり資料的価値の高い内容です。ニューヨークのヴィンテージ市場を掲載しており、著名なバイヤーなどのインタビューなど見どころたくさんです。
そもそも特集がロブス・ジョン・ギビングスやエドワード・ウォームレイやウラディミール・ケイガン(私も知りません)などマニアックなチョイスが新鮮。昨今の雑誌では見ないですね、このニッチ具合は。
 
 
それで、見ていくと面白い対談がありました。
2014年現在の未来から見ていくと答え合わせみたいで面白いです。
左の人は目黒にいます。 
 
2000年ですよ
これが先見の明か・・・!



case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2014年8月21日木曜日

パープルのシェル(の話だけ) 2014/8/21

ブログのネタもないんで昔の写真を漁っていました。決して暇なわけではありません。
 
 
M名古屋の写真でしょう
すげー、パープルのアームシェルだ。こんな状態の良いものがあった時代なんですね。99年は15年前ですか。
多分ヴィンテージのシェルチェアでもっともレアなカラーじゃないでしょうか。いつか手に入れたいものです。
最近は見ないので相場が分かりませんが、以前は30万円~で取引されていたみたいですよ。ピーク時は40万円とかも聞いたことあります。
 
ただこれ、Herman Miller社製だったらの話です。
Vitra社製の可能性もありますし。


良い時代でしたね。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950