2016年2月15日月曜日

ワークチェアと自己鍛錬の話 2016/2/15

さあ、時期も時期なのでここらへんでワークチェアの話しますね。
うちにとってはものすごく大切な時期でもあります。


今日はいつもとはちょっと違う話します。ブログでは書いたことない内容ですけど、店頭でワークチェアを購入してくれる人には最近話しています。

ものすごく文章だらけで長いんで、興味ある人だけ読んだら良いと思いますけど、興味なくても読んでくれたら嬉しいです。


ワークチェアはあくまでサポートです。っていう話です。


人間は座っていると身体にいろいろ不調が出てきます。
腰が痛いだとか肩こりだとか、目が疲れるとか首が痛いとか、腕が痛いとか指が痛いだとか、集中できないとか眠くなるとかとかとかetc...

そういった不調にたいして、「良いワークチェアに座れば体の不調が解消されるんだ!」ってことはありません。前に似たことを書いたのですが、違った側面から書きます。

椅子に座ったら腰痛が治った!とかだったらもはやそれは魔法です。


結局は自己鍛錬も必要なんです。


じゃあワークチェアを買っても意味がないかと言うと、全然そんなことはありません。
身体にあったワークチェアを使えば身体は悪くなっていきづらいです。
座って作業するなら私は高機能なワークチェアは必須レベルだと考えています。
粗悪な椅子で正しくない背骨の形で長時間の作業を繰り返すと、身体はまず壊れていくでしょうね。歳をとってから後悔するので、今は気づかないだけだと思います。


そのうえで、そのうえでの話です。不調を解消したい!つまり、肩こりをなくしたい!とか、腰が痛いのをなんとかしたい!となると、まず姿勢を人間の正しい形に近づける、そして運動なり、筋トレなり、ストレッチなり、食生活なり、様々な健康的な営みが必要なわけです。 ※もちろん本格的な治癒は病院なり行ってください。


そんな私は肩こりがないですし、腰も痛くないですし、特に座っていて不調はありません。

でも若い時は数分座っただけで肩こりを発症し、腰を痛めて、それはそれは座り作業が出来ない人だったんです。今も若いつもりなんですけど、心を鬼にして若い時はって書きました。


私はこう見えて、えー、どう見えてるかわかりませんけど、健康的なこととか筋トレとか大好きなんですよ。
毎日トレーニングしたりランニングしています。食事もかなり気を遣っていますし。

それで、いまはミラ2チェアに座っているのですが、正しい姿勢をしてPC作業をしていれば、長時間でも特に何も気にしずに続けられます。 (ミラ2チェアに座っている理由は、まだ新しいワークチェアなので、ずっと自分で座り続けて理解するためです)

ですけどミラ2チェアに座り始めの初期は今ほどトレーニングをしていなかったので、、、していなかったんですよ。ええ。それで、当時から良い座り心地なんですけど、やっぱり鍛えられた今の身体の方がより快調です。

私が良く悩んでいたのが特に肩こりなんですけど、それは筋肉量の少なさや血流の悪化や首の角度などいろいろな要因で置きます。
ということは肩を鍛えたら良いのかなってことで毎日かなり鍛えているのですが、やはりその通り、肩から背中にかけての筋肉量が増えることで解消されました。それと、首から三角筋にかけてのストレッチもマスト。


そんなわけで、ただワークチェアを買っても、それだけであなたの理想とする座り心地には近づかないのでは?っと思ったりします。

運動したくないって人でも、身体にあったワークチェアで正しい座り方をすれば、それでも十分ですよ
今日話した内容は、体の不調を”回復する”には病院に行くか、自己鍛錬をしてください。ってことですから。


お店では正しい座り方だけでなく、人間としての正しい背骨の形や姿勢、さらには余計にも筋トレの仕方とか話したりしますからね。
女性には急にハードルが高く感じるでしょうけど、大丈夫です。参考程度に聞き流してもらえば。
けど意外かもしれませんが、ワークチェアを買いにみえる女性はわりといらっしゃいます。
そして私の話を聞いて感心してもらえます。



ハーマンミラーの資料をコピりました
商品を販売するのにトレーニングまで話すわけですが、それもこれも、うちで買ってもらえる人には快適に使ってもらいたいので、ものすごくいろいろ話したりレクチャーしています。
最近は順調に話が長くなっているので、さっと見てもらえるように資料も作りました。


そんなわけで、こういったことが当店で買うというメリットだと思っていただけたら。

詳しくは直接どうぞ。お店に来れない人は電話とかでどうぞ。
金額によっては東京なら出張します。



最後にお断りですが、私は医者でも柔道整体師でもなんでもないので、詳しいことは当然プロにかかってくださいね。個人の感想程度に読んでおいてください。


すごく胡散臭い感じの文章になってしまったなって私自身も思います。
変な体験談商法みたいな。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

0 件のコメント:

コメントを投稿