2016年2月19日金曜日

エンベロップデスクとエンボディチェア 2016/2/19

このブログを読んでいて、書いている人をいろいろ想像しながら皆さんお越しになるみたいですね。
書いている人は私なんですけど、文面だけでいろんな風に想像されます。
女性だと思ってたって人もいれば、年配の男性だと思ってたという人も。すごく癖のある人だというイメージだとか、もっと小柄なイメージだとか。
 
このブログから受け取られる印象、それは様々だということですね。
 
 
さて、エンベロップデスクの接客が急に増えてきました。
チェアだけでなく、デスクも欲しい人が多い時期なんですね。
今のところ自宅用よりは事務所やSOHOなどの作業向けのほうが多いです。
 
 
こんな風にエンボディチェアとCBSモニターアームを合わせて試してもらうこともできます。
うちのお店では置けなかったのでこの場所はありがたいにもほどがあります。

Herman Miller
Envelop Desk
価格はこちら http://www.casestudynagoya.jp/SHOP/envelop-desk-y7755la9191g7.html
グライズ仕様   size W1145 H660~785 D780mm
キャスター仕様 size W1145 H710~835 D780mm ※奥行はここから伸びます。

なにせこのデスクは保証が12年。すごい自信。

でもこのデスク、かなり特殊な作りなので、実際に体験しないと良さが分からないと思います。
使い勝手とか。注意点もいくつかありますし。
 
 
動きに関しては動画を見るのが一番です。

 
こんなデスクなんですよ。

 
わかりやすい。
相当な快適っぷりですよ。
 
デスクに肘を置くのでエンボディチェアの肘掛は無い仕様を動画では使っています。
実際このデスクでキーボードを打つとき、肘はデスク上に載せるのでチェアの肘掛は使いません。
肘掛のないエンボディチェアはアメリカだとオーダーできるんですよ。 (日本は試したことも問い合わせたこともないのでわかりません。)
 
じゃあエンベロップデスクにエンボディチェアを合わせる場合、肘掛の無い仕様が良いかというとそうでもないでしょう。デスクを自分にフィットした状態以外ではチェアの肘掛を使ったほうが楽です。すこしデスクから離れて考え事したりストレッチしたりしますよね。

それと、エンベロップデスクにエンボディチェアを合わせないといけないのか?というと、そういう訳でもないですよ。
この二つの製品はデザイナーが一緒なのと、発売時期が2009年と同じ。だからセットで見かけることが多いんです。

アーロンでもミラ2でも、その人に合った、そして好みのワークチェアでもOKです。
デスク単体で購入するのももちろんありあり。
 
そんわけで、快適なPCライフを送りたい人には 良いんじゃないかと思う反面、合う合わない、注意点もある。ということがあるので、買う前に試すのが無難です。
 
 
ところでこのエンベロップデスクが置いてあるショールームですが、インフォゲート名古屋営業所なので詳しくはこちらです。



case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

0 件のコメント:

コメントを投稿