2016年4月16日土曜日

ハーマンミラーの時計の話 2016/4/16

今日はお話しです。


ハーマンミラーの時計です。

知っていましたか?昔はハーマンミラーの時計があったことを。

1927年にハーマンミラー・クロック・カンパニーが設立されまして、その時は写真のようなトラディッショナルなデザインの時計を販売していました。
このころは家具自体もこんな感じのテイストでしたよ。イームズもネルソンも参加する前の時代ですし。


このハーマンミラー・クロック・カンパニーが1937年にD.J デプリーの義理の弟のハワード・ミラーに移譲しハワードミラー・クロック・カンパニーになったわけです。


説明が後になったのですが、D.J デプリーはハーマンミラー初代社長です。

そんなデプリーさんにこんなエピソードがあります。


まだこの時代は蒸気機関で駆動軸で滑車を動かしていたのですが、管理をしていた1人の男性期間工が仕事中に亡くなりました。
デプリーは家族を弔問した際に、未亡人から夫が生前書いた詩を聞かされました。
期間工は詩人だったのです。
それに深く感銘を受けたデプリーは、すべての従業員を特別の才能と可能性を持った個人として扱う決意を固めたそうです。

それが現在もハーマンミラーの伝説として語り継がれています。


時計のことを知っていたらいつかどこかで出会うかもしれません。
その時のこの記事を思い出してくださいね。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

0 件のコメント:

コメントを投稿