2016年6月14日火曜日

ウームセッティの話 2016/6/14


Knoll US HPから拝借
そういえば、Knollからウームセッティが再登場したんですよ。
これはヴィンテージしか存在しなかったんです。

日本で発売するという情報は来てないのですが、とりあえず話だけしておこうと思って。
なぜならそんな話を今日したからです。

見ての通りウームチェアの二人掛け仕様です。
ウームチェアは1948年のデザインで、そっちは現在も新品が買えますが、このセッティは当時3年間だけしか製造されていなかったレアレアな椅子なんです。

あ、セッティは長椅子とかそんな意味です。

ウームソファじゃないんですよ。その名称はあれなやつの呼び方です。

ウームチェア自体わたしも一度しか販売実績(この時だけ http://case-study-shop.blogspot.jp/2014/05/2014526.html)が無いのですが、いつかこのウームセッティが欲しいという人が現れて、そんな人に販売できたらうれしいです。


そういえば今シカゴでネオコンをやっているので、そこで展示されているかもしれませんね。
教えてもらったんです。ネオコンの存在自体。
行けないっす。行きたいっす。

ネオコンは1969年から続くアメリカの最も重要なデザインショーの一つです。


そういえば日本ってこのレベルのショーって無いですよね。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

0 件のコメント:

コメントを投稿