2016年6月16日木曜日

マッシモ・ヴィネリさんのロゴの話 2016/6/16

今日はロゴの話。です。
話題的に地味なのは否めないですが、こういう話わたしは好きです。


ケーススタディーショップ。

うちの店名にもなっている、なっているというか、名前だけ借りてる身なんですけど、私は、そのcase study shopのロゴを デザインしたのはマッシモ・ヴィネリさんです。Massimo Vignelli。

どうして彼にデザインを頼んだのかですが、彼が優秀なデザイナーというのは当然として、この実績があったからでもあるからだと思います。



Knollから拝借してます
彼マッシモ・ヴィネリさんは、Knollのこのロゴをデザインした人なんです。
1966年のデザインで、これは今も使われていますね。

マッシモ・ヴィネリさんのwiki

もうKnollはこのロゴがあってこその企業だと思いますので、これからも見続けることになるはずです。

不思議と飽きないですし、むしろずっと見ていても「やっぱり格好良いな」という感想が生まれます。
良い家具ブランドはロゴも良い。

このロゴが家具に入っているからこそ魅力的なんですよね。



Knollから

同じKnollでもこっちのロゴはハルバート・マターさんです。Herbert Matter。
こっちは最近は見ないような、見ますか?

これも好きなんですよ。


ロゴに目を向けてみるとストーリーがあって面白いですよ。


どうして赤にしたのかは気になるところです。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

3 件のコメント:

  1. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  2. > 良い家具ブランドはロゴも良い。
    同感です。ハーマンミラーのロゴもミニマルですばらしいですよね。

    返信削除
    返信
    1. そうですよね、そこに目を向けるとより家具を楽しめますよね。

      削除