2016年10月7日金曜日

あのチェアのファブリックの話 2016/10/7

配送業者さんはすごいですね、いつも感心します。助かりますよね。


さてさて、この間Knoll Textilesの話というか説明したじゃないですか。(これ http://case-study-shop.blogspot.jp/2016/10/knoll-textiles-2016103.html)
どんなテキスタイルブランドかわかってもらえましたよね。

この話はKnoll製品だけでなく、ここに繋がるんですよ。


川上元美さんのテーブルとチェアですけどね、これ。最高です。

テーブル http://case-study-shop.blogspot.jp/2016/09/knoll-store-201699.html
チェア    http://case-study-shop.blogspot.jp/2016/09/2016916.html



このチェア、なんとなんと、ファブリックはKnol Textileslを使っているんですよ。
飛騨産ブナ無垢材を使用した飛騨製造の家具でいてですから、他にない組み合わせです。

展示もしている定番ともいえる生地はHourglass(http://team-net.co.jp/knoll/knolltextiles/k1523/)というもので、これだけじゃなくて生地の選択ができるんですよ。
ただ椅子の金額自体も生地の金額に比例して上がりますので。

そりゃKnollTextileなので、レベルが高いですよ。

だからこの家具、デザイナーもですし、すごい家具なんです。

でも販売している店もうちとKnoll Store青山さんだけですし、いろいろあって大々的に宣伝する家具でもないんです。もしこの家具が有名あの雑誌とかに載ったらそれはそれは評価されるはずですよ。

真に優れたものも隠れていることがあるってことですね。
そして、それを見出す力が必要です。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

0 件のコメント:

コメントを投稿