2016年10月3日月曜日

Knoll Textilesの話 2016/10/3

今日は急にKnoll Textilesの話をします。
のちのちこの説明が活きる予定です。

"のちのち"ってなんか可愛い響きですね。のちのち。


KnollはあのKnollなんですけど、Knoll社のテキスタイル専門の存在があるんです。
それがKnoll Textiles (ノルテキスタイル。またはノールテキスタイル)


Knoll Textiles1947年にフローレンス・ノルさんによって設立されました。
インテリアファブリックのニーズを商業として対応した最初の会社だそうです。
現在では住宅、企業、医療、教育など様々な場面で使用されており 北米最大のサプライヤーの一つになっています。
さらにニューヨーク近代美術館(MOMA)で40以上の作品が永久貯蔵品に選ばれています。

つまり、今となってはインテリアの要素として当たり前になったファブリックのみに焦点を当ててセールスをした最初の会社がKnollということらしいです。

伝統と品格を持ったテキスタイルブランドです。
環境を配慮した素材選び、高品質な製造、仕上がりの良さ、デザイナーとのコラボレーションがあります。

このKnoll Textilesですが、とんでもない数がラインナップされています。2000以上らしいですからね。
正直、把握しきれないです。
だからこそのテキスタイル専門のデザイナーさんが居るわけですね。

ラインナップは日本向けのがありますので、下記URLを見てください。
http://team-net.co.jp/knolltextiles/


公式の動画もあったので観てもらいましょう。


ね~、私に字幕を付けるほどの力があれば良かったんですけどね。
そんな語学力はないです。


ファブリックにも気を遣うぐらいが素敵ですよ。

参考にしてくださいね。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

0 件のコメント:

コメントを投稿