2016年12月13日火曜日

ワンルームでも大きなダイニングテーブル 2016/12/13

技術の進歩で家具インテリアの概念も変わる。そんな話。文章ばかり。


今ですね、私だけがそうした提案をしているわけじゃないんですけど、ワンルームのひとり暮らしとかでも四人ぐらい座れるダイニングテーブルを薦めているんですよ。

一昔前だとちょっと考えられない提案でしょうけど、ちゃんとちゃんと理由があるんです。

今はPCも小さいですし、なんだったら家ではスマホのみパッドのみってこともあるでしょう。TVで出力している場合もあるでしょうし。

ちょっと前は違いましたよね、家でPCっていうと、でっかいデスクトップだったじゃないですか。覚えてます?知らない人もいるでしょうね、その時代を。
その時代は、PCが奥行きのあるデカいディスプレイにデカい外付けの本体が必要だったので、それ用のデスクは必要でした。場所とるし移動も出来ない。

しかし今は先述の通りノートPCでもハイスペックですから、本格的に仕事をしないのなら家だとノートで充分かつ専用の場所を必要としません。
軽いメールぐらいならスマホで済んじゃいますし、必要な時だけ開くって感じでしょうか。


そうした時に、部屋にテーブルは一つで良い。
ということで全てをこなすために大き目なダイニングテーブルを使うんです。


ここで座って生活するんです、食事もPCも作業も何もかも。
テーブルを中心とした生活です。
4人掛け以上の天板は過剰に思われるかもしれませんが、今後のために良いんですよ。

一人暮らしを辞めて同居人が増えても、家族が出来ても、そのテーブルはそのまま使えるじゃないですか。わざわざテーブルを買いなおさなくて良いので、人生単位で考えれば支出が減りますし、そのテーブルを使っている満足感なり便利さは人生を豊かにさせます。

見栄えも良いので、これから一人暮らしする人は、この大きなテーブル一つ置くというのを考えてみてください。


自分のデスクが欲しいというのは、それが出来る家が出来た時に書斎なり作るなりするのにとっておいてください。


そんな訳で、これからの提案として覚えてください。実際便利。
ただ、最初にある程度のテーブルを買わないと長く使えないですし、それより、長く使おうと思うデザイン、長く使う価値のあるテーブルじゃないとあんまりうまくいかないと思いますよ。
結局後で買い替えることになったらあれですし。

最初に予算オーバーでもがつっと良いの買っておくと健全かも。



Herman Miller Japanから  http://www.hermanmiller.co.jp/products/tables/dining-tables/carafe-table.html

ハーマンミラーだとカラフテーブルがそういった構想ですよね。
テーブルで全てをこなす。

色んなテーブルが世の中にありますからね、先を見てデザインや質を選ぶといいですよ。

先々まで残るテーブルにするのは必須要素ですけどね。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

0 件のコメント:

コメントを投稿