2016年12月15日木曜日

ソファの脚が長めでしょうか最近は 2016/12/15

このあいだはワンルームでダイニングテーブルって提案を書いたじゃないですか。
技術が進むとって話ですけど、それでもう一個思いついたので書きますね。
基本このブログは思いついたことをその日に書いていますよ。


最近のソファの脚って以前に比べると長めなのを見るようになっていませんか?いや見ないですか。見なくても良いんですよ。とりあえず続けます。
新作のソファが座面の下に空間を作るようなデザインになっていたりとかです。


画像元 http://www.hermanmiller.com/products/seating/lounge-seating/bolster-sofa-group.html
これはハーマンミラーから今年リリースされたボルスターソファですけど、こんな風に、脚が長い。
他にもいろいろありますよね、各自見てください。いろんなメーカーで。

あのですね、ソファの脚を長くしている部分もあるんですよ。現代は。

これはですね、ロボットが通れるようにです。
ロボットで謎の人型を思いつかないでくださいね、お掃除ロボットのことですからね。あの円盤状のフラフラ動く掃除機君です。

見た目のデザイン的なことで脚を長くしているってのはあるのですが、掃除ロボットのことは要望としてカスタマーからあるので、これからは無視できない要因だと思うんですよ。
ソファ業界ではもうずっと前からの話題ですけどね。ごく当たり前の話。


画像元http://www.hermanmiller.co.jp/products/seating/lounge-seating/eames-sofa-compact.html
でも昔のデザインでも、ソファコンなんかは偶然お掃除ロボットが通りやすいようになっています。ネルソンのデイベッドなんかもそうですよね。あ、ハーマンミラーから復刻したんですよ、ネルソンのシンエッジベッドとデイベッド。また書きます。
これお店に置きたいんですけど、完全にスペースが・・・
なにせ来年の初めにハーマンミラー社のあれをあれだけおきますので。

またその話はその時になったら。

あ、話は戻って、昔のデザインでもそこら辺の便利さもあったりしますので、今後のソファ選びの軽い話題にでもしてみてください。

ただ、掃除ロボが通れるかどうかでソファ自体を選ぶのはちょっと私は賛成しないですけど。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

0 件のコメント:

コメントを投稿