2017年8月17日木曜日

渡辺力新作「RIKI STEEL CLOCK (リキ スチール クロック)」を入荷して展示しました 2017/8/17

 
渡辺力さんの新作クロックが到着しましたよ。
全国でも早い方じゃないですか?
 
 
RIKI STEEL CLOCK(リキ スチール クロック)が新発売です。
 
1977年に力さんが、「内に集中する力と外に広がる力」のバランスをテーマにデザインしたこの時計は、異なるアプローチながら12方向のラインとアラビア数字の絶妙なコンビネーションにより、 大きく見せるけど小さくも感じさせるパーソナルクロックの一つの完成形をつくったそうです。 
 
それを㈱タカタレムノスさんが新製品として復刻させました。
 


 
そして実物がこれらです。
 
全部色も違いますし、文字盤も違うのですがバリエーションは以上です。
同じ文字盤でカラー違いがありません。
それがまた良いですね。カラーで選んでも、文字盤の好みで選んでも素敵。
 
 
Lemnos
RIKI STEEL CLOCK
size φ204 D60mm
 
 
 
これがオレンジ。
 
 

 これがブラック。


そしてこれがホワイト。

少しややこしいのですが、ホワイトは文字盤の色がホワイトだから。ブラックは文字盤の色がブラックだから。オレンジはフレームの色がオレンジだから。です。

スチールの本体は存在感があり、フレームの奥行を活かしてくれます。
手ごろなサイズながらコンセプト通りに、文字盤の配置が集中線の役割になっており、実際より大きく感じます。


裏はこんな感じでビスで引掛けてください。
610gなので軽いですよ。画鋲でも大丈夫です。でも画鋲は薦めませんよ。ビスにしてくださいね。


 マックス・ビルさんの影響を感じさせ、ミニマルで上品な時計として選ばれそうです。

佇まいが美しいので、スペースを空けて設置するとより良い空間づくりが出来るでしょう。




 あと、同じ名前のリキスチールクロックは、「リキスチールクロック(電波時計)」になっています。

わけて呼んでくださいね。

今回の新作は「リキスチールクロック」、もしくは「電波じゃないリキスチールクロック」で、以前のは「電波のリキスチールクロック」です。




case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2017年8月16日水曜日

ミッドセンチュリーってどんな意味? 2017/8/16


激しく基本に返ってミッドセンチュリーってなに?とミッドセンチュリーの現在の使われたかについて書きます。

お店をやっていて直接お客さんたちと接するとわかるのですが、世代も一周していますし、全然知らない人もみえます。


だから書いてみます。そんなに深くは書かないのでザクッとです。


まず、ミッドセンチュリーの言葉自体はMid-Centuryなので、”世紀の真ん中”を意味します。

それを、家具インテリアの業界では、20世紀中盤のデザインの呼称として使用しています。
だいたい40年代~60年代ですかね、その辺がミッドセンチュリー(期)。

なので、その年代のデザインを総称する呼び方ですから、一昔前までは【アメリカンミッドセンチュリー】とか、【ヨーロピアンミッドセンチュリー】とか、【スカンジナビアンミッドセンチュリー】とか、【ジャパニーズミッドセンチュリー】とか、純粋に【ミッドなセンチュリーなデザイン】という意味で、”どこの”ミッドセンチュリーデザインか分けていた気がします。


ただ、それが、ミッドセンチュリーデザインのなかでハーマンミラーとかノルとか、そこらへんのアメリカの家具デザインのブームがありましたので、ミッドセンチュリーはアメリカ感が強かったかもしれません。

それによってミッドセンチュリー=アメリカの50年代デザインとなりました。まさにイームズとか、ネルソンとか、メーカー抜きでそれらのデザインが【ミッドセンチュリー】という認識でその言葉が使われましたね。


それが今となっては、なんとなくダークトーンの木の家具やプラスチック系の椅子があったらミッドセンチュリーインテリアとか呼ばれており、もはや原型が無くなりつつあります。
年代関係なくなっちゃっています。


ということで、ミッドセンチュリーは、4~60年代の家具を指すデザイン様式です。


でもでもでも、第二次世界大戦にてアメリカは軍事技術を生かして家具の製造技術も飛躍的に進歩しました。
それがイームズのプライウッドチェアやプラスチックシェルチェアに代表されるように、新たなデザインムーブメントが発生した年代のデザイン様式をミッドセンチュリーとカテゴライズするのなら、「ミッドセンチュリー=50年代のアメリカの家具」というのは合っていますよね。


それでも何でもミッドセンチュリーと呼ぶのではありません。



変な使われ方をされるようになった例として、他には「リプロダクト」もあります。



他にもいろいろあるのですが、また書くことがあるかもしれません。
言葉の意味が変わっていくとかとは違うでしょう。


別に正しい使い方を強制したいわけでもないので、このブログ読んでいる人たちぐらいは知識として知っておくと良いかなって思ったり思わなかったり。


ところで私は以前から、あまりミッドセンチュリーという言葉を使っていません。 モダン。とか、モダンデザインとか、アメリカンモダンとか、そんな言葉を使っています。

ミッドセンチュリーという場合は、ミッドセンチュリーモダンと言います。ミッドセンチュリー期も言いますね。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2017年8月15日火曜日

セイルサイドチェア、スレッドベースの製造が一時停止 2017/8/15


今日は連絡ごとです。



お値打ちで優秀なワークチェア(ワーキングチェア)といえばセイルチェア。
最近私もずーっと座り直して使い続けているのですが、良い椅子ですよね。


そんなセイルチェアにただの4本脚Ver.とかカンティレバー(片持ち構造)Ver.が発売されたのは、ずいぶん以前に更新しました。


この時ですね。


そんなセイルサイドチェアシリーズの製造が一時停止となります。
停止するのは以下の仕様です。


Herman Miller Japan HP http://www.hermanmiller.co.jp/content/hermanmiller/apac/ja_jp/home/design-resources/images.html?text=Herman%20Miller:Products/SAYL%20Side%20Chairs 以下全部
セイルサイドチェア 4レッグベース

これ肘掛付きで¥44,000(税別)※2017年8月現在ですし、しかも保証が12年ですから、とんでもなく優秀な椅子だと思います。デザイン的にも。


そうすると自動的にキャスター付きも製造一時停止となるわけです。


セイルサイドチェア スレッドベース

私はこの脚のことをカンティレバーと呼んだんですよ。片持ち構造の脚をカンティ(カンチ)レバーと呼びます。

初代にして有名なのがマルト・スタムさんとマルセル・ブロイヤーさんですね。


以上4レッグベースとスレッドベースが一時製造停止します。

と書いてはいますけど、売れることないですし影響はなさそうです。
ただ、知名度が無いだけで、もっと知ってもらえたらすごく売れる椅子だと思います。

再開時期は未定ですけど、いつか再開したらまた更新すると思いますよ。


そんな感じです。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2017年8月13日日曜日

テーブルをあとでデスクにするアイデア 2017/8/13

明日8/14(月)はお店をお休みしますね。ちゃんとHPのトップのお知らせ欄に赤字で予定は書いていますから、常にご覧くださいね。


さて、唐突に話題に入ります。


あとで自分のデスクにできるテーブルが良いかもしれませんね。

若干以前似た話を書いたのですが、



この話は、最初から大きいテーブルにしておけば、そのまま引き続き使えるって話です。
それとは逆に近い発想です。


それこそ一人暮らしや、二人暮らしとかでアパートメントや賃貸マンションに住んでいるときは、大きなテーブルを置くスペースもないとかで設置しづらいものです。

もちろん上の話のように、ちょっと無理してでも大きなテーブルを置くのもありですが、そうは言っても踏ん切りがつかないとか、物理的に無理とか、将来的に引っ越して家を建てるとかってことになった時に、その時に合うテーブルが欲しいとか、理由は様々。


話は分かるけど、かといって実行は出来ないよねという反応は普通でしょうね。


そんなときには、”あとでデスクにできるテーブル”が良いです。


2017年8月12日土曜日

gedyティッシュボックスのクロームが条件付きで終了です 2017/8/12


ちょっと細かい更新なのですが、ゲディのティッシュボックスのクロームが条件付きで終了します。




これですね。
定番はホワイトですが、ちょっと気が利いたものが欲しい人に人気がありました。

2017年8月11日金曜日

アーロンチェアリマスタードのよくある質問、聞かれること、疑問などいろいろ書きました。 2017/8/11



リマスターされた新型アーロンチェア。アーロンチェア リマスタード先行販売から半年以上経ちました。

もう私も相当な人数に販売をさせていただきましたので。おそらくこの日本で店頭にて私より長時間真剣に接客してレクチャーしている人のほうが少ないでしょう。
だって毎度一人一人に最初から何時間もかけて説明していますもの。何時間は言いすぎですか。

その経験から、アーロンチェアリマスタードの「よく聞かれること」「みなさんが疑問に思っていること」「誤解」をザクッと書きます。

2017年8月10日木曜日

渡辺力新作「RIKI STEEL CLOCK (リキ スチール クロック)」が発売されます 2017/8/10

このブログのドメインを変更しましたのでしばらく不安定かもしれません。そもそもHPすら見れない状況かもしれません。

このブログの旧ドメインからリダイレクトするように設定していますが、一応皆さんも新しいこのドメイン(http://blog.casestudynagoya.jp/)でブックマークし直しておいてくださいませ。そして、そうしてもらえると非常に助かります。リンクとかもです。

これでさんざん悩んだHPとドメイン問題が終わりました。
いや~、すごいいろいろ勉強になりました。引き続きSEOの勉強をしつつ、最適な検索結果をもとめてがんばります。



そんな今日は見れるかどうかわからない更新なので、サラッと新製品のご案内ですよ。


タカタレムノスさんから渡辺 力さんの新作クロックが発売されましたよ。




渡辺力さんの「RIKI STEEL CLOCK (リキ スチール クロック)」が新発売です。

2017年8月9日水曜日

ダネーゼ製品の終了品をたくさん載せました 2017/8/9


今日はダネーゼ日本総輸入代理店の唯一の担当者がみえました。
今のダネーゼの話と、世間話をしばらくしましたよ。向こうがこちらに来るのは初めてですね。

イタリアのダネーゼ社は2017年の春にクリエイティブ・ディレクターにロン・ギラッド(ジラッド)さんが就任し、プロダクトが刷新されました。
ロゴすらも新しいものになっているんですよ。実は。


ダネーゼの価格改定は伝えた通りですが。


そういったことで、同時に終了する製品やカラーが、ものすごいあります。

2017年8月8日火曜日

マハラムのラグになりました 2017/8/8




何度もこのブログで書いていますが、マハラムジャパンよりダンスキナのラグが発売されましたよね。



マハラム、ダンスキナ、ラグ、ヨンゲリウス、ややこしいじゃないですか。
マハラムとダンスキナってどんな関係でどういった流通なの?と。


それが8/3よりダンスキナという名前はなくなり、今後は「マハラムのラグ」ということになったのです。


2017年8月7日月曜日

ネルソンプラットフォームベンチの話 2017/8/7


ちょっとネルソンのベンチのことについて書いてみますか。ココナッツチェアについて昨日書きましたし、当たり前すぎて書いていなかった気がします。このベンチのこと。




Herman Miller Japan HP http://www.hermanmiller.co.jp/content/hermanmiller/apac/ja_jp/home/design-resources/images.html?text=Herman%20Miller:Products/Nelson%20Platform%20Bench
このベンチですが、雑誌「フォーチュン」のネルソンオフィスにあったものがオリジナルです。それが1945年のことです。

2017年8月6日日曜日

ココナッツチェアの話 2017/8/6

Herman MIller Japan HP http://www.hermanmiller.co.jp/content/hermanmiller/apac/ja_jp/home/design-resources/images.html?text=Herman%20Miller:Products/Nelson%20Coconut%20Lounge%20Chair


ジョージ・ネルソンさんのココナッツチェアです。



やっぱり格好良いですね。
座り心地もすごく良いんですよ、たまらないですよ。

2017年8月5日土曜日

アルネ・ヤコブセンのテーブルクロックたち 2017/8/5

アルネ・ヤコブセンさんのテーブルクロックを入荷しました。

かなり以前、限定色のバーガンディーを扱って以来です。




ローゼンダール社のAJ テーブルクロックです。


ROSENDAHL
AJ Table Clock
LK/Roman/Station/City Hall/Bankers
size φ110 D60 H120 mm
価格や仕様はこちら  http://www.casestudynagoya.jp/SHOP/arnejacobsen-tableclock.html


本当はギリシャ数字のローマンがあって全5種類なのですが、ずーっと国内で在庫切れなので用意できませんでした。
この4つだってずいぶん待ちましたけどね。やっぱり人気あります。

じゃ、説明しますね。

2017年8月4日金曜日

ボビーワゴンと360コンテナはどっちが良いの? 2017/8/4




そんなわけで昨日から展示を始めた360°コンテナですが、ボビーワゴンと比べる人が多いでしょうね。


なにせ両方ともABS樹脂で、イタリアの製品で、それとなくなんとなく通じるものがある両者ですから。価格も似てなくもないです。


ということで、今日は両者と比べて、それぞれの秀でている部分を書きますね。

2017年8月3日木曜日

マジスの360°コンテナ展示しましたよ 2017/8/3


このあいだMAGIS JAPAN(マジスジャパン)と取引を始めたって書いたじゃないですか。



マジス製品を販売するにあたって、まず最初にこの製品を展示するようにオーダーしたのが本日届きましたよ。


360° containerです。
いま熱い男、コンスタンチン・グルチッチさんが2010年にデザインしました。

2017年8月2日水曜日

タキシード・コンポネント・テーブルです 2017/8/2

”マハラム”でグーグル検索一位に戻りましたよ。どうですか、このSEO力。


さて、いつぞやのハーマンミラー製品で何回か更新できるなってことで今日も書いてみます。


いつぞやのハーマンミラージャパンです。

これもまだ新製品ですね。

2017年8月1日火曜日

ダネーゼ製品の価格改定です2017年夏 2017/8/1


そんなわけわけで、今日はDANESE(ダネーゼ)製品の価格改定をお知らせしますよ。

でもちょっと安心してください、全部じゃないです。多くは変更ありません。
でも変わるものはとにかく変わってます・・・


まずスマトラ。


現行価格¥5,000(税別) → 新価格¥7,000(税別)
オンラインショップはこちら http://www.casestudynagoya.jp/SHOP/danese-sumatra.html

2017年7月31日月曜日

レキシート製品の価格改定です 2017/7/31


REXITE(レキシート)製品の価格改定がありますのでお伝えしますね。

レキシートといっても、うちだとこれぐらいですね、重要なのは。


マルチプラーです。

オンラインショップ http://www.casestudynagoya.jp/SHOP/multiplor.html

2017年7月30日日曜日

ハーマンミラーのディスティルデスクとテーブルの話 2017/7/30

 
いつぞやのハーマンミラージャパンです。ここは。

これまだ新作のテーブルです。"ディスティルテーブル"って名前です。

これがまた可愛いながらも芯があるデザインなんですよ。
特徴はご覧のとおりエッジ部分が"なだらか"にカーブして落ちており、腕を置いたときに当たりが緩いので作業がしやすいです。

このカーブが柔らかな印象を与えるので、可愛いって呼んでもいいかなって思った次第です。

2017年7月29日土曜日

納品紹介8 ネルソンベンチ&ベンチ編 2017/7/29

銅の時計を買われた方。白い手袋を入れ忘れました・・・ごめんなさい・・・


今日は納品のご紹介ですよん。

今回は納品紹介8の静岡県のAさんよりいただきました。
ここでの紹介が最多でしょうか。

前回

ハーマンミラー社現行ネルソンプラットフォームベンチW1220mmをお買い上げいただきましたので、その光景です。
ヴィンテージのレアヘアピンレッグのネルソンデイベッドの前にベンチですから、正統派なネルソン尽くしです。(ソファはこの時のです。 お部屋紹介⑧ ネルソン編 2014/8/25

2017年7月28日金曜日

イームズラウンジチェアの展示品売りますね 2017/7/28

SEO対策、日々頑張っています。新しいHPにしたので、その弊害で一時的にグーグルでの検索結果が落ちていますが、すぐに戻すようにしますよ。
今まで対策していなかったので、いろいろ考えてどんなワードでも検索上位に来るようになったら褒めてください。
そのうちこの知識が誰かの助けになるかもしれませんし、自分でやるのが一番です。


それでちょっと唐突に展示品を売ります。


展示品のラウンジチェアの革の手入れをしていました。
ここは乾燥しますし年一ぐらいでやってますよ。私はラナパーを使っています。

手入れしていたのですが、見る限り、もうそろそろ現物を誰かに使ってもらったほうが良さそうですね。本当の意味で入れ替えが必要かもしれません。

なぜならうちの展示品は本当に飾ってあるだけなので、まったく座られないですから。
その代り状態は良いですよ。うちの展示品は。。でも小さな傷とかぐらいはあるかもしれませんし、なにより保証は5年ありません。

ということで、今ちょうどイームズラウンジチェアのウォールナット黒革の国内在庫もないですし、先もしばらくないですし、現品欲しい人に販売します。



背に超少しへこみがありました。最初からかもしれませんし、後からかもしれません。
こんな感じです。
珍しい機会ですよ。

値段は・・・!書きません。というか書けません。
高くても安くても、私が値段を書くと良い影響がありませんよね。

いずれにせよ欲しい人は相談してくれたらOKです。
といっても半額とかそんなことはあり得ないので、常識的な値引き額だと思っていただけたら。

中古とか、そういったイームズラウンジチェアの価格と比べられるとちょっとあれですね。ただ単純に価格の比較だけするのはちょっと感心しません。

私から購入するのが保険みたいなものですからね。私は嘘つきませんし、何かあったら私に相談できるわけですし。安かろう悪かろうということがないです。


オンラインショップに掲載していますが、値段は定価のままにしておきます。後で値段の調整できますから。
http://www.casestudynagoya.jp/SHOP/hermanmiller-eames-lloungechair-walnut-set-tenjihin.html


今月は図らずもクリアランス的なアイテムが多かったですね。ちなみにすでに残っているのはカルテル社のMAXテーブルだけですよ。あれはデカすぎるんです。


どなたかどうぞ。


愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
HP : http://www.casestudynagoya.jp/
TEL : 052-243-1950
MAIL : info@casestudy.co.jp

2017年7月27日木曜日

マジスとハーマンミラーは仲良しです 2017/7/27

ということで、で、マジスの販売を始めたわけですが、

「新たにMAGIS(マジス)製品の販売をします 2017/7/26」


ハーマンミラージャパンの人たちなんかは、「あ、マジスだ」と思うでしょう。


なぜならハーマンミラーとマジスはセットみたいなところがあるんです。
ただし北米とカナダでの話ですけどね。(ここ重要)


なぜなら米国ハーマンミラー社はマジス社の製品を販売しているんですよ。独占販売代理店。
だから米国のカタログなどを見ると、普通に並んで載っています。

このブログで過去に掲載したハーマンミラー関係の写真にもマジス製品がちらちら映っていますよ。

ちょっと紹介していきます。 (ただ私がまだマジス製品に詳しくないので見逃しがあるかもしれません。)


このあいだ載せたハーマンミラーニューヨークの写真です。
http://case-study-shop.blogspot.jp/2017/07/2017713.html


クッションが置いてあるこの棚。

これはマジスの「スティールウッドシェルヴィングシステム」です。
参考 http://www.magisjapan.com/products/detail/53

この棚はハーマンミラーさん大好きですよね。
相当見かけます。コーディネートで置いてある率高いです。
ハーマンミラーにこう言ったシンプルで段構造が自由なシェルフが無いというのも重宝されている理由かもしれません。


それからここはミシガンにあるハーマンミラー米国本社のデザインヤード。
http://case-study-shop.blogspot.jp/2015/10/blog-post_8.html


これはマジスの「タボロXZ3」です。
参考 http://www.magisjapan.com/products/detail/146


今度ここは以前のハーマンミラーニューヨークショールームです。
 http://case-study-shop.blogspot.jp/2015/10/ny-20151012.html


「スティールウッドコートスタンド」
参考 http://www.magisjapan.com/products/detail/236


こんな感じにサラッとマッチングされています。
ハーマンミラー製品と相性良いですよね、マジス製品。

なので、うち的にはすごく自然なんです。マジス製品を販売するのは。いままでやらなかったのがおかしいぐらいでした。
いろいろあるんですよ、やっとの話です。


ハーマンミラー製品好きは、マジス製品も取り込んでみるとが良いですよ。


そんなわけで、ハーマンミラー関係の写真を見る時は気にしてみてください。

マジスを探せ。


愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
HP : http://www.casestudynagoya.jp/
TEL : 052-243-1950
MAIL : info@casestudy.co.jp

2017年7月26日水曜日

新たにMAGIS(マジス)製品の販売をします 2017/7/26


ご縁がありましてMAGIS JAPAN (マジスジャパン)さんと取引をすることになりました。

ということで今日からうちはマジス正規販売店です。




そんなわけでMAGIS製品のの取り扱い販売を開始します。



"A real good design should be used in an everyday life"


MAGISは、最先端の技術とデザインを日常の製品に取り入れ、
インテリアデザインに新しい変化を与える家具・家庭用品ブランドです。
―MAGISとは、ラテン語で"もっと"を意味する比較級の形容詞で、
MAGISのすべての商品には、"もっと"というこだわりが込められています。―
1976年に活気あふれる北東イタリアで、創業者ユージニオ・ペラッツァによって設立されたMAGISは、現在では世界的なデザインラボラトリーに成長し、
Richard Sapper, Jasper Morrison, Stefano Giovannoni, Marc Newson, James Irvine, Konstantin Grcic, Ron Arad, Bouroullec兄弟など
世界を代表するデザイナーたちの創造性をもって、常に時代の変化を掴み、最先端のものづくりに挑戦しています。
世界70ヶ国へ発信されるその斬新な製品は、世界で数々の賞を受賞し、ニューヨーク現代美術館やパリ国立近代美術館など、
世界のミュージアムでパーマネントコレクションに選ばれています。

マジスの説明の続きはこちら→ http://www.magisjapan.com/about/


参加デザイナーたちはこちら
 
 
製品のラインナップはこちらご覧ください。



まだなにも展示していませんが、少しづつ展示や入荷をしていくようにします。

差し当たりオーダーいただいた上でのご用意はすべての家具インテリア類が可能ですので、ご相談はいつでもどうぞ。家具の提案やコーディネートはいつでもやってます。


すでに手配しているものがあるので、お店に到着するのをお待ちください。

オンラインショップでの販売も予定しています。許可とりました。



さあこれで私も頑張って勉強しますね。まだマジス製品あんまり詳しくないんですよ。(正直)
でも今までも知らないわけじゃなかったので土台はありますよ。



case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2017年7月25日火曜日

ビーウェアオブイミテーションの話 2017/7/25

解像度をわざと下げています
1962年の宣伝です。
何故かデータがUSBに入っていました。

イームズオフィスが製作したデザインで、雑誌アーツ&アーキテクチャーに掲載されてものだそうです。
だからイームズプロダクト中心ですね。

"BEWARE OF IMITATIONS"

しかし、この年代から”模造品にご注意ください”なんて宣伝をしていたわけですから、真似されている歴史もまた長いですね、ハーマンミラーは。イームズは。大変だと思いますよ。

それでも現在まで会社が続いて大企業になり、今も革新的なアプローチや高品質な製品のリリースをしているのはすごいことです。イミテーションに負けず、伸びていきました。

逆にイミテーションを作っていた会社がどれだけ残っているかって話です。
まあ根本的に真似やコピーをする人間は、芯が無いですし続ける気が無いですからね。先が見えない輩です。


ちなみにIMITATIONSは”模造品”以外にも、”まがい物”とか”偽物”という意味もあります。


イミテーション問題は現在進行形ですが、結局はモラルの問題にたどり着くので、我々が健全かつフェアであれば解決されることです。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950
MAIL : info@casestudy.co.jp

2017年7月24日月曜日

イームズウッドシェルチェアの3D成形技術とは? 2017/7/23



もはや一般的な存在になったであろうイームズウッドシェルチェアです。いやなってないかな?

2013年から発売しているこの成形合板で造られたシェルチェアはイームズさん長年の夢でした。

イームズウッドシェルチェアの本物の単一シェルは、ウッドベニアを複雑な曲線を持つ形に成型できる独自の3D成型技術を用いて製造されています。新技術により、イームズ夫妻の長年の夢であったウッド素材のシェルチェアが実現しました。

Herman Miller Japan HPにもこう書かれていますね。コピペりました。


3D成形技術とサラッと書いてあるのですが、実際どんなのでしょうか。


まず、この技術が必要な理由として、通常の成形合板の製造方法では、これほどまでシェルチェアシェルチェアした曲線と強度を再現するのが難しいからです。

通常の成形合板の作り方をものすごく簡単に説明すると、「薄くスライスした木材を接着剤とともに積層にして圧着」で完成です。簡単すぎる雑な説明です。

3D成形技術は、それだけではない工夫があります。


この写真をご覧ください。


これは実際のハーマンミラー工場でのサンプルカットです。
丸く盛り上がっていますよね。べニア自体に工夫があり、たぶん裏側は見せない方が良いと思うのでお見せしませんが、見事に半球状にカーブを描いています。

このべニアへの加工が3D成形技術で、あの見事なシェルチェアの曲線を再現した椅子を作ることが出来ているんです。

普通の合板とは造りも違いますし、手間も違いますので、それがウッドシェルチェアの価格に反映されるわけですね。なんせ保証5年ですから。


でも、これほどの技術を使ったクオリティの高いイームズウッドシェルチェアですから、他の木製の椅子に比べるとお値打ち設定ですね。

プラスチックシェルチェアと価格の比較をしちゃいけません、比べるなら他の木製の椅子です。それもただの成形合板でなくて、それ以上のレベルの木製の椅子。


最後なんかフワッとした文章でしたが、時代が進めば技術も進む。
昔は不可能な家具も今ではいろいろ実現していきます。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950
MAIL : info@casestudy.co.jp

2017年7月23日日曜日

納品紹介65の続き 2017/7/23

今日は納品の紹介ですよ。

今回は以前紹介した「納品紹介65」の続きです。

前回 http://case-study-shop.blogspot.jp/2017/06/65-201765.html


バブルランプが吊るされました。
コードの長さもカットしましたので天井からばっちりぶら下がっています。ソーサーのMですね。

いやー、やっぱり良いですね。バブルランプは。格好良いですもの。
それにやっぱりイームズストレージユニットは良いですね。格好良いですもの。
どちらもハーマンミラー現行新品ですよ。

この感じ、私もこれが好きでこの業界に入ったんです。私の得意ジャンルですね。あまり言わない表現なりましたが、まさに”アメリカンミッドセンチュリー”。(私はアメリカンモダンって呼んでます。)

そこに赤のコンポニビリは若い人なんかはよく分からない組み合わせかもしれません。30歳後半以上だとピンとくるテイストだと思います。ミッドセンチュリーテイストって呼ばれていたんですよ、そしてそんなショップが十年ぐらいまではわりとあったんですよ。


点灯。
生活感が無いのですが、生活していないそうです。ただ置いてあるだけ状態。

ESU4段の前にテーブルとか欲しいかもしれませんね。もしくはラグがあると見た目にも良いかも。

ご本人も随分前から欲していたアイテムだったので、それがこうやって揃っていくのは素敵なことですね。
そうしたお手伝いが出来るのはうれしいです。


反対側はKIRIチェストが置いてありますね。case study shopオリジナル桐製チェストです。

普通このテイストに桐製のチェストは合わないですが、この和モダンなデザインだったら良いですね。相性も良いです。


Sさん、Nさん、いつもありがとうございます。


ところで太陽の塔って、家具が好きな人は共通事項として好きですよね。
家具インテリア好きは岡本太郎さん好き率高し。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950