2017年8月19日土曜日

ネルソンスワッグドグループデスクのポスター 2018/8/19


ネルソンスワッグドグループのホームデスクですね。
その50年代?のポスター?広告?です。あやふや。

ネルソンスワッグドレッググループは1954年が最初にデザインされて?1958~1964年までハーマンミラー社より販売された?みたいです。あやふや。
今の復刻は2003年ですね。
 
このグループはアーヴィン・ハーパーさんと、チャールズ・ポロックさんと、ジョン・ピレさんによるデザインされたみたいですよ。
ネルソンアソシエイツの実力者が揃い踏みです。


このデスク、当時は相当に画期的なデザインだったと思います。(いまもですけども)
同年代の他のデスクに比べると、スマートで有機的なレッグが目を惹き、仕切りがカラフルになっているなど、まったく装いが違います。


ちなみに”スワッグドレッグ”という名前の由来は、swaging(スウェージング)という金属加工方法から来ています。この脚のスチールの曲線を製造する手法の名前です。
swaged Legですから、過去形です。ed.


当時の最先端のワークスタイルがこちらでしょう。
座っているイームズDCMだってまだ当時では新しめのチェアですから。

手書きかタイプライターですから、そうした時には使いやすいデスクだと思います。

それが時代の流れでパソコンが誕生して、パソコン作業が中心な世の中になると役目が終わりました。
デスクトップPCは大きかったですからね、このデスクでは置けないですよ。

でも、PCが小さくなった今は、一周してこのデスクがまた使えるようになったのは面白いです。
だから現在では普通に使えるデスクに戻った気がします。

そうは言ってもネルソンコレクションとして、ホビー的位置づけなデスクですけどね。

使いやすいとか、使いやすくないとか関係ないです、格好良いから、素敵だから置くんです。

その代りに満足が得られます。


愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
HP : http://www.casestudynagoya.jp/
TEL : 052-243-1950
MAIL : info@casestudy.co.jp

0 件のコメント:

コメントを投稿