2017年9月13日水曜日

大きい家具がサイズ的に搬入できるかどうか不安なとき


大きめな家具の搬入は扉を通るかの確認が必要です。
サイズを事前に確認するのですが、家具自体のサイズが通りたい通路や扉より大きい場合は諦めるしかないのでしょうか。
 
答えは「そんなことありません」。


これ、うちのお店の入口扉です。
お店に来たことない人達へ、こんな場所でやっているんですよ。不穏でしょ。うちに見かけとか求めるとそんなものまったくないですよ。


これがまた二階への階段も狭いですし扉も狭いです。しかも内開きっていう。
一番狭い部分で75cmぐらいですね。家具を販売する店として不便すぎます。
それでもがんばってやっていますよ。


先日イームズラウンジチェアの展示品を販売していたように、この場所はそもそもこんなサイズの家具が搬入できるの?搬出できるの?なんて疑問が生まれると思います。 (もうないですよ。ラウンジチェアは)


サイズを見ると、扉のサイズよりどの辺も大きいです。
しかし家具はスペック通りに従うのではなく、多少工夫をすれば搬入できるものなんですよ。

窓からでもないです。


まず、家具の 一番小さな部分を通路に対して垂直にします。

ラウンジチェアだったら横にするわけですね。
813mmですからこれでも全然無理です。


これは縮尺を合わせた画像です。実際にラウンジチェアと横の棒の長さは縮尺が同じです。

もう数センチ短ければ入るのにどうすればいいのか。
曲げるとかじゃないですよ。

すこし斜めにするだけでOKです。


見てください。
750mmが通りました。

実際には左右に1cmぐらいは空間にゆとりがありましたよ。

このように斜めにすれば入るものなんです。


家具が欲しいのに、スペックだけ見て搬入をあきらめるのではなく、工夫をしてみると良い結果が生まれるかもしれません。


ただ、自分で判断するのではなく、そこは相談する必要がありますよ。
じゃないと後で大変面倒なことになるかもしれませんし。



case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

0 件のコメント:

コメントを投稿