2017年10月23日月曜日

ネルソンのレコードプレーヤー


ジョージ・ネルソンといえば家具を含めた多くのプロダクトが存在しました。
正しくはジョージ・ネルソン・アソシエイツですけどね。


あんまり知られていないですけど、ステレオテーブルも存在しましたよ。


ようはレコードプレーヤーです。
これはいま持っている人ほとんどいないでしょうね。
この画自体は1950年代後半の広告でして、「Rek-O-Kut」という会社から発売されていました。

デザイナーはネルソン・アソシエイツのロナルド・ベックマン(バックマン)ですよ。
ディレクションはネルソンさん。
1957年から1959年まで販売されていたようです。

当時は全然レコードが音楽再生機会として主流ですから、ステレオテーブルという名前はわかりますよね。他に媒体がありませんし。
1957年というと、エルヴィス・プレスリーさんのジェイルハウスロックがリリースされた年ですね。
このレコードで聴いていた人もいるでしょう。


http://www.georgenelsonfoundation.org/george-nelson/index.html#electronic-equipment/rek-o-kut-and-audax-145
実際の写真やラインナップはネルソンファウンデーションに掲載されていますので参考にしてください。



レコードシステムは、キャビネットがまるまるオーディオになった大がかりなものも存在しまして、それはお高いですね。レアですし。
イームズハウスにあったのがそれでしたでしょうか?見ましたけどわかりませんでした。誰か知っている人教えてください。


レコードは一周して以前から日本でも再燃していますよね。私はラジオは聴くほうのですが、レコードの売り上げが上がっているとか聞きました。

だから、いまこれがあったら少しは売れるんでしょうね。
それでも少しはですけど。
ネルソン好きでレコード聞く人っていったらものすごいマイノリティでしょうし。
うちのお客さんには珍しくないですけどね。普通にいます。

CDとかも50年後とかに今のレコードみたいになるんでしょうかね?レコードとは耐久年数が違いますからそうなりづらいでしょうか。

私はCDを買う人なので、いつもCDを買いに店舗に行きますよ。どうでもいい話ですけど。古い楽曲でも新品の再販をされたものを買うようにしています。

家具でいうなら”現行品”ってことですからね。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

0 件のコメント:

コメントを投稿