ロロスツイードのアームシェルの何が特別かと今後について | case study shop nagoya Blog

2017年10月30日月曜日

ロロスツイードのアームシェルの何が特別かと今後について


昨日の今日で同じ話題で恐縮です。しかれども書きますよ!

 

昨日掲載したロロスツイードのアームシェルですが、掲載後1時間で買い手が現れました。
「しばらくは展示して見てもらえるかな?」と悠長に構えていたので驚きましたがありがとうございます。 (そしていつもありがとうございます)


このロロスツイードのアームシェルなのですが、いろいろ難しいことをして作られているものなので今回はこの1脚しか出来上がっていませんでした。
でも追加が来る予定なので、しばらく待ってもらえればまた手に入りますよ。 
・・・来年になるかもしれませんけどね!いや、来年になるでしょうね!


何が特別かというと、ロロスの生地はブランケットに加工する前の特別な状態のウールを特別な加工にして特別に手に入れています。これが普通ではありません。簡単に出来ることではないです。

ロロスはブランケットが販売しているのでそれを張替えに使えるには使えるのですが、ブランケットにしてからだと起毛を圧縮しているので見た目も手触りも違いますし、縮むのでシェルに生地を張るのには要尺が多くなり割高になってしまうのです。
このボリューム感が無くなるんですよね。別に悪いわけじゃないんですけど、できればブランケットに加工する前の状態が良いんです。


それをうまいことモールともちゃんと縫い合わせて丁寧に職人の手により仕上げられているんです。
他ではまず真似が出来ない代物なんですよ。
わかってもらえましたか?偉そうなつもりはないですよ。


そんなわけで、注文自体はいつでも受けられるようにECのページは作り直して置いておきます。
欲しい人は受注予約という形になりますが、いずれちゃんとお渡しできるようにさせていただきますよ。
来年納品になったとしても怒らない人向けです。

EC http://www.casestudynagoya.jp/SHOP/rorosutweed-armshellchair.html


お店で現物を見たい人は、またお店で展示したら見てください。
購入のご相談などはいつでも歓迎ですよ。EC使う必要ありません。


あと重要なことなのですが、販売数は有限なんです。ある台数の受注を持って販売を一旦終了します。
その台数に達しない限りは販売し続けますけどね。逆に言うとつまり。


ただ、脚は別の値段なのでそこはご注意ください。
とりあえず脚は後で選んでもらえれば良いので。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

0 件のコメント:

コメントを投稿