2017年11月3日金曜日

エルデコインターナショナルデザインアワード2017にショルテン&バーイングスがグランプリを受賞


先日トークセッションをしたばかりのショルテン&バーイングスさんからニュースがありますよ。




Maharamのアクセサリーシリーズにも採用されている、ショルテン&バーイングスの新作ファブリック Pare(ペア), Mesh(メッシュ), Tracery(トレースリー)の3種類がELLE DECO International Design Award 2017 のファブリック部門でノミネートされ グランプリを受賞しました。

Pare http://www.maharam.com/products/pare-by-scholten-baijings/colors/015-oasis
Mesh http://www.maharam.com/products/mesh-by-scholten-baijings/colors/003-sky-blaze
Tracery http://www.maharam.com/products/tracery-by-scholten-baijings/colors/010-papaya


この写真は現地の様子です。真ん中二人がショルテンさんとバーイングスさん。左の着物の女性がエルデコジャパン編集長の木田さんですよ。

でも私は現地に行っていないので、この写真たちはマハラムジャパンのセールスレップさんからもらいました。
行っていたんですね。というより、そりゃ行きますよね。


ELLE DECO International Design Awards (EDIDA)とは、 世界25カ国のエル・デコ編集長が、その年の“ベスト”を選ぶデザイン賞です。
「デザイン界のアカデミー賞」とも称されるらしく、毎年4月のミラノ・サローネ期間中に、各国からノミネートされた候補作品の中から 13部門それぞれのグランプリを発表するそうですよ。


これにより各メディアから問い合わせが多数らしく、ショルテン&バーイングスさんの名前が広がるかもしれませんね。

ちょっと前までヘラ・ヨンゲリウスさんは関係者同士でしか知られていなかったのですが、いまはお客さんたちにもその名前と功績が知られるようになりましたよね。



そんな風に、ショルテンさんとバーイングスさんも今より著名になり、お客さんたちとも彼らの話で盛り上げるようになると良いですね。

今のところ彼らのことを知っていたり、プロダクトやテキスタイルに興味がある人は相当感度が高い人だと思います。私は。

でも時間の問題でしょうね。こういったアワードを受賞したということで引き合いが出ますから、多くの場所で彼らの作品が扱われるようになるでしょう。


ますます活躍するデザイナーですので、今のうちから取り入れてみてください。
実際良い物ですよ。


でもこのブログをご覧の方たちはずいぶん前からショルテン&バーイングスさんのことを知っているはずですので、先を行っていますよ!


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

0 件のコメント:

コメントを投稿