case study shop nagoya Blog: 12月 2017

2017年12月30日土曜日

2017年もお世話になりました。ご挨拶です。


では。

本年の営業は本日が最後となりました。
2017年も御贔屓いただき誠にありがとうございます。

皆さまが平和に幸せに過ごされるように祈っております。


年明けは1/3からを予定しています。


正月なので、毎年通り少しだけクリアランス品を並べておきます。
家具類はほとんどないです。雑貨類中心ですね。

あと正月ですし、何か欲しい家具・インテリアがあったら相談してください。


今年はー・・・いろいろありました。すごい陳腐な言い回しですけど。
良いことも悪いこともいっぱい。多くの人に出会うことが出来たのは最高に素晴らしいことです。
あえて難しい方向へ方向へ進んでいるのですが、それが将来は花開くくはずと想像しています。
目先を考えた方が楽なんですけど、やっぱりその時だけじゃないかなと。
独立前に二店舗の閉店を経験してますから分かるつもりです。



以前にこんなこと書いたじゃないですか?
こういった事情を正直に書いてしまうのが私なんですけど・・・
書かなくても良いのかもしれませんが、知っておいてもらいたいんです。お客さんには。
私のこのブログって、生存報告みたいなものでもあると思っています。私はいまこんなことをやっていますよ!ってわかってもらえます。


だから、本来の今の時期は3月に控えた引っ越しについていろんな意味でてんやわんやしていたことでしょう。良い移転先が見つかったかどうかもわかりませんでしたよね。

しかしその予定が無くなり、またここの更新を年単位でする予定なのでちょっと目的が遠のきました。
このお店を残したままお店を増やすことはできるんですけどね。そんな話になればです。

私は経験や知識が無く独立して、それから勉強して経験しているのですごくペースが遅いかもしれません。

ゆっくりでも少しづつでも結果を出して、多くの人に認められるように頑張り続けます。


それは良いお年を。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2017年12月29日金曜日

アメリカンミッドセンチュリーモダンマイスターたち


明日12/30が年内最終営業日ですよ。
年明けは1/3からの予定です。一応栄ですし毎年1/3から営業するようにしています。
1/2から賑わう街ですからね。ここは。福袋とかで行列が出来るのでしょうか。もはや正月の風物詩ですね。


良い写真ですね。
構図も良い。

全員名前を言えますか?

手前のバックショットがジョージ・ネルソンさん。
左奥の女性がレイ・イームズさん。
その右がチャールズ・イームズさん。
右端がアレキサンダー・ジラードさん。


全身が写っているジラードさんは少しだけ珍しいです。

ネルソンさんのポーズもまた良い味出しています。
彼らの胸元にハーマンミラーのロゴマークが入ったプレートを付けているので、ハーマンミラー関係の何か関係の集まりでしょう。そもそもこの写真が飾ってある場所は米国ハーマンミラー本社のアーカイブですし。

ネルソンさんを見るたびに思うことは、やっぱスーツで仕事する方が見栄えが良いかな?です。
ちょっと考えてみますか。


なんとなく年末っぽい写真での更新でした。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2017年12月28日木曜日

セイルチェアに新たな仕様が定番として追加


あ、1月中に郵便は送るようにしますね。全然今年は無理でした。やれませんでした。1/1間に合いません。
忘れているわけではないのでご理解くださいませ。

あと、HPのお知らせには書いていますが、12/30まで営業しますからね。


さて、年末でも平常運転な更新ですよ。


セイルチェアってあるじゃないですか。
ハーマンミラー社のお値打ち優秀ワークチェアです。2011年から販売されています。


Herman Miller Japan HP https://www.hermanmiller.co.jp/content/hermanmiller/apac/ja_jp/home/design-resources/images.html?text=Herman%20Miller:Products/SAYL%20Chairs


https://www.hermanmiller.co.jp/content/hermanmiller/apac/ja_jp/home/design-resources/images.html?text=Herman%20Miller:Products/SAYL%20Chairs

今まではご覧の二色が国内在庫仕様としてハーマンミラージャパンさんが完成品の在庫を持っていてくれたので納品が早かったです。
それ以外の仕様は受注生産品のため、納期が2~3ヶ月かかります。
※うちはグリーン仕様とブルー仕様も用意できますよ。


そんななか、セイルチェアに新たな定番仕様が追加されました。


仕様:
ベース&フレーム:65 / フォグベース、ホワイトフレーム
サスペンションフィニッシュ:98/スタジオホワイト
アームフィニッシュ:フォグ
ファブリック:メドレー 1HA09 / フェザーグレー
¥78,000(税別) ※2017年12月末現在

これが新たに定番に加わった仕様です。

組み上げたイメージはこんなような感じです。
でもこの画像は生地がリズムなのでメドレーとは違います。でもまあ近いと思いますよ。こんな具合かな程度に思っておいてください。


今までの黒赤じゃない白っぽい空間に合わせる提案として受けそうです。
ものすごいハーマンミラージャパン新ショールーム向けの配色に見えます。




選択肢が増えましたのでセイルチェア欲しい人は参考になりましたかね。
ほら、来年にはあれが待ってますし。


あれってあれですよ。慣れている人はわかりますよね?毎年恒例のあれです。


case study shop nagoya

愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
HP : http://www.casestudynagoya.jp/
TEL : 052-243-1950
MAIL : info@casestudy.co.jp

2017年12月27日水曜日

マジスのタイクというシステムシェルフ


久しぶりにマジス製品の展示を増やしましたよ。私自身どういったプロダクトかよく分かっていなかったですし、理解をするためにも入れました。


MAGIS Japan HP http://www.magisjapan.com/products/detail/201

コンスタンチン・グルチッチさんがデザインしたTYKE(タイク)という組み立て式のシェルフです。
ワイルドバンチのシリーズの一つですね。


"コンスタンティン・グルチッチの”The Wild Bunch”シリーズに加わったシステムシェルフ。
支柱の本数や棚板のサイズ、枚数を自由に組み合わせることができるので、
スペースや好みに合わせたシェルフが出来上がる。
棚板には傾斜のあるタイプもあり、雑誌などを立てかけて見せることも可能。"


というものです。




MAGIS Japan HP http://www.magisjapan.com/products/detail/201
これは支柱1本いくら、棚1枚いくらと、パーツごとに購入するものなんです。
スチール製ですのでしっかりした作りですよ。

価格や仕様はこうなっています。


COLOR
ホワイト ブラック
SIZE
支柱:W50xD25xH2170
棚板
22cmx45cm:W450xD220
22cmx70cm:W700xD220
30cmx45cm:W450xD300
30cmx70cm:W700xD300
棚板(傾斜)
28cmx45cm:W450xD280
28cmx70cm:W700xD280  
MATERIAL
支柱:スティール(ポリエステルパウダー塗装)
棚板:スティール(ポリエステルパウダー塗装)
PRICE
支柱(1本):¥12,000.-(税抜)
棚板(1枚)
22cmx45cm ¥11,000.-(税抜)
22cmx70cm ¥13,000.-(税抜)
30cmx45cm ¥12,000.-(税抜)
30cmx70cm ¥14,000.-(税抜)
棚板(傾斜・1枚)
28cmx45cm ¥12,000.-(税抜)
28cmx70cm ¥14,000.-(税抜)

 HPコピペ MAGIS Japan HP http://www.magisjapan.com/products/detail/201


意味わかりますか?わかりませんよね?
何となくでもどういったことかわかってもらえたら・・・


このシェルフはすっごい興味あったんです。
お値段もそれほどしずにグルチッチさんの優れたプロダクトとして。
それに、かなり使いやすそうですし、ホーム、オフィス問わずサクッと使えそうです。
ちょっとした場所に隙間を埋めるようにも出来ますし、写真のような壁一面の収納とすることもできます。


でも構造がよく分かっていませんでした。
ということで展示用に仕入れてみましたよ。


まず届くときは全部バラバラで希望の数だけオーダーします。


それで支柱の裏側にはスリットが段ごとに入っています。
横2列に入っているのは連結するためですよ。


棚板はこんな感じです。
引掛けるようなパーツが付いていますよね。


そこをこうやって支柱に差し込みます。


両側も。


とりあえず一段目が出来ました。
でもこれ、一段目が一番大変かもしれません。1人でやりましたが、支える人がもう1人いたほうが良いですね。

全段組み上げてから起こすというやり方がしづらいんですよ。


でも一段終わったらあとは結構楽です。
さくさくやっていきましょう。


で、出来ました。
私はとりあえずスリムな収納が欲しかったので1列仕様にしておきました。
でも後で横に増やしたかったら増やせるので問題ないです。また支柱1本と棚を買えばどんどん横に広げていけます。

ホワイトの棚を混ぜたのは、ただたんに見本として白黒両方とも観れた方が良かったからです。
単色の方がすっきりして良いですよ。


左に写っているあんまり格好良くないシェルフと交換したかったんですよ。開業時にお金なかったので安いシェルフ使っていました。二万円もしなかったかな?


上側がどうなっているかというとこうなっています。
立てかけてあるだけ。
でも安全のために、先に空洞があるのでビスで留めることもできます。壁に穴をあけるんですよ。

そこまではしませんでした。それに、マジスジャパンさんも展示で穴をあけてないですし。
穴開けなくて滑り落ちたりしないかって話ですが、まあ大丈夫っぽいですね。
もともとスチール製で重量がありますし、重い物を下段に置けば安定します。

別にこれでいけます。


でも販売する側としては「ビス留めしてくださいね!」って言いますからね。
責任持てませんし。「お前が立てかけてあるだけで大丈夫って言ったじゃないか!」なんて責められても困りますし。

すごい責任逃れ。


本入れてみました。
もっとたくさん本があるので全部並べたいんですけど、あと横に二列ぐらい欲しいですね。

やっぱり良いですね。このシェルフ。

この組み合わせで。

支柱(1本):¥12,000.-(税抜)   2ヶ
棚板(1枚)
22cmx45cm ¥11,000.-(税抜)    1ヶ  
30cmx45cm ¥12,000.-(税抜)  5ヶ

 
合計¥95,000(税別)

となっています。

これだけ良いシェルフでもお値段はお値打ちです。それにスチール製なので載せたものの重量でたわむとかもありませんし頑丈です。


大きな収納やスリムな収納を探している人はぴったりですよ。


http://www.magisjapan.com/products/detail/186
ほら、こんな風にもできます。
全てマジス社のグルチッチさんのプロダクトです。ワゴンもテーブルも何もかも。



しかしこのシェルフ、こんなのオンラインショップで販売できませんよ。
絶対ちゃんと相談した方が良いです。確認や注意点が多すぎます。
事前にシミュレーションも必要ですね。

幸いマジスジャパンさんが在庫を持っていてくれるので納期はそこまでかかりません。


あとこのシェルフ、パーツ単品で送料無料とかやっていると死にます。(うちが)


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2017年12月26日火曜日

スワンチェアのプレイウッドレッグの話とか


たまには毛色の違う話でも書いてみましょうか。


MID-CENTURY MODERN本カメラ直撮り
これ知ってますか?
アルネ・ヤコブセンさんのスワンチェアですけど、プライウッドレッグ仕様があったことを。

知らない人がほとんどじゃないですか?
これ本当にあったんですよ。


スワンチェアはコペンハーゲンのSASホテルのためにデザインされたというストーリーがありますよね。それが1958年のことと説明がされていて、当時も今もフリッツハンセン社が製造販売しています。 (つまり正規品はフリッツハンセン)

この合板脚は1957年のことで、その前ということになります。これもフリッツハンセン社で製造されて販売も?されたみたいです。試作じゃなくて。
なぜならヴィンテージ品がレアですがいくつも存在するからです。ヤコブセン好きな人には知っていて当然の知識でしょうけどね。

まああれですよ、私デンマークの家具事情に詳しくないのでこれ以上はあんまり説明できません。

ただ単にこの脚のスワンチェアが随分格好良いなと思っているだけです。
基本的に流線型の木の脚が好きなんですよね。私は。


それにこの脚、随分イームズチックじゃないですか?
もしくはアルヴァ・アアルトさんっぽい。

ヤコブセンさんの成形合板製品はアアルトさんやイームズ夫妻の影響があるとよく説明されていますよね。実際そうみたいですし。アントチェアなんかはまさにです。


そのイームズ夫妻はアアルトさんの影響があるので、成形合板の家具の元をたどるとアアルトに辿りつくということでしょうか。
その前から成形合板の椅子はあるのでしょうが、成形合板で背と座が一体になった世界初の椅子はパイミオチェアだと言われています。1931年でしたっけ?アアルトさんのですよ。


そしてイームズ夫妻の面白いところは成形合板の椅子のヒットがあってもそれに固執せず次の素材を模索したところですよね。ご存知プラスチックシェルチェアです。

デザイナーごとに素材の選択があって面白いです。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
HP : http://www.casestudynagoya.jp/
TEL : 052-243-1950
MAIL : info@casestudy.co.jp

2017年12月25日月曜日

リバブルオフィス賞とはなんでしょう


ハーマンミラー・アジアパシフィック(Herman Miller APAC)が主催するリバブルオフィス賞というのがありますよ。


ハー マンミラー・アジアパシフィック主催のリバブルオフィス賞は、組織の目標をより明確にするために、優れたワークスペースが重要であることを広めることを目的とし、2013年に第1回目が開催されました。
リバブルオフィス賞の目的は、組織の広範な目標を達成する ためには優れたワークスペースが重要であるということを広 く知ってもらうためです。第1回は2013年に開催され、アジア パシフィック地域で最も活躍するデザイナーの創造力を生き 生きと見せてくれました。 ハーマンミラーリバブルオフィス賞は、優れたデザインを広く世に 伝えます、昨年は次の優秀なプロジェクトが受賞しました。

ということで、本物の優れたオフィスが集う優れたアワードです。


2016年の第二回リバブルオフィス賞の優勝者はFLOOAT.incさんです。
下記にその時の映像があります。




フロートさんは先日引っ越しリニューアルオープンしたハーマンミラージャパンショールームを手掛
けていますよ。
 
すごく参考にもなるので興味がある人はオフィス持っているとか関係なく見てみてください。


これ応募する!という事務所さんは次回の応募が始まっています。


ハーマンミラーアジアパシフィックは、リバブルオフィス賞 2017-2018を再び実施することをお知らせします。応募の受 付期間は2017年12月15日から2018年2月15日までです。 2018年2月にリバブルオフィス賞の審査員が優秀賞表彰候補 者リストを発表し、2018年3月に受賞者が発表されます。 リバブルオフィス賞の目的は、組織の広範な目標を達成する

ハーマンミラーリバブルオフィス賞
2017-2018カテゴリー: コマーシャルビジネス ‒ ワークスペースデザイン賞 *受賞者には賞金5,000ドルと、ニューヨークにあるハーマ ンミラー本社を訪問するチャンス4名分が贈られます。 (4名様分の往復航空券、ホテル宿泊代を含みます)

コワーキングスペースおよびコラボレーションスペース賞
*受賞者には賞金4,000ドルと、ニューヨークにあるハーマ ンミラー本社を訪問するチャンス2名分が贈られます。 (2名様分の往復航空券、ホテル宿泊代を含みます)

ベストテック賞
 *受賞者には、10名分のHerman Miller Living O ce Passport Service無料サブスクリプションが1年間贈られます。

ピープルズチョイス賞
*受賞者には、ワークスペースをリフレッシュして最適化 するため、5,000ドル相当のファニチャーが贈られます。


詳細は下記URLからどうぞ。
http://ww2.hermanmiller.co.jp/pdf/LiveableOffice.pdf


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
HP : http://www.casestudynagoya.jp/
TEL : 052-243-1950
MAIL : info@casestudy.co.jp

2017年12月24日日曜日

イームズ夫妻の引っ越し日がクリスマスイブとそのファーストバージョン


たまには季節的なネタに触れましょうか。


今日はクリスマスイブですよね。
1949年に竣工されたケーススタディハウス#8にイームズ夫妻が引っ越してきて生活を始めた日ですね。ロサンゼルスのパシフィックパセリーズです。

その後イームズハウスという名称がつき、彼らは生涯までそこで暮らしました。


イームズ本カメラ直撮り
この写真は最初のケーススタディハウス#8の初期仕様の模型です。1945年の写真で、当時はブリッジハウスと呼ばれていたそうです。

ご覧のように斜面に対して水平に立てるために脚を長くした構造にしていました。
これは30年代のミース・ヴァン・デル・ローエさんの建築の影響があると言われているみたいです。

結局どうして今の配置とデザインになったかというと、大きなユーカリの木を伐採しずに、それを活かした建築にすることにしたからです。
そのユーカリも今となっては巨大な木に成長し、イームズハウスの一部となっています。

この初期バージョンも見てみたかったですね。


だからイームズハウスは68年前の建築物です。
もうすごい前。

そう思わせない前衛的なハウスですね。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2017年12月23日土曜日

イームズワイヤーチェアに新たなバリエーションがぞくぞく


風通しの良いシェルチェア。それがイームズワイヤーチェア。です。
この季節にピッタリ。凍える。


そんなイームズワイヤーチェアに新バリエーションが出ましたよ。
以前からちらちら情報が出ていたので知っている人もいるでしょう。



今まで選択できなかったホワイトやブラックカラーの選択。
そしてベースの選択。今までワイヤー(エッフェル)ベースだけだったのが、4レッグベースやダウェルベースも選択できるようになりました。あとスツールもですね。

若干シートパッドめいたものも登場しましたけど、これ私もよく分かりません。シェルチェアに装着されているんですよね。載せてあるだけじゃなく。
2015年の米国本社に行った時からすでにこのパッドは存在していたのですが、社内を案内してくれたハーマンミラー社員さんも展示されているシェルチェアのパッドを見て、その時「これなんだろう?」とか言っていました。


とにかく、ワイヤーチェアも多様性あふれるオーダーができるようになったということです。
プラスチックのシェルチェアと同じ感覚でオーダーできるわけですね。脚を選んで、色を選んでと。

納期は四か月ぐらいかかります。


ちなみに、バックパッドのワイヤーチェアは相変わらず停止中です。


もう少しで再開するかも。


ワイヤーチェア好きには朗報でしたね。


ちなみに私のお勧めは4レッグベースのブラックです。
なぜなら格好良いから。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2017年12月22日金曜日

あのイームズコーヒーテーブルが製品化されました


あ、ハーマンミラークリスマスキャンペーンは12/25までなので注意してくださいね。

 

マグカップ貰っちゃいましょうよ。ちょうど買おうと思っていたものがあるならですけど。
とりあえず25日までに話さえしていれば期間を過ぎてもお渡ししますよ。決済まで時間がかかることがありますしね。
その時まで残って入ればですけど。


さ、ハーマンミラー製品の新発売があるのでお伝えしておりますね。




イームズコーヒーテーブルが新製品として製品化されます。
これはとうとうですよ。とうとう。

一応復刻?ということになるのでしょうか。


元になっているのはロサンゼルスのパシフィックパセリーズにあるイームズハウス内のテーブルです。

 
1949年、チャールズ&レイ・イームズは、ロサンゼルスのパシフィックパリセーズにある自邸イームズハウスの心地よい部屋の片隅に置くためのテーブルをデザインしました。天板に金箔が施され、ベースは、翌年にデザインされたイームズシェルチェアのダウェルベースと同じ構造でした。その後、イームズ夫妻は、大理石の天板のテーブルも作りましたが、商品化はされませんでした。
ハーマンミラーは、イームズオフィスとともにイームズ夫妻のデザインの遺産を守りながら、イームズコーヒーテーブルを復刻します。天板は、より実用的な仕上げとなり、4種類のベニア(ホワイトアッシュ、エボニー、ウォールナット、サントスパリサンダー)と大理石から選択できます。ベースは、4種類のウッドフィニッシュ(ナチュラルメープル、ホワイトアッシュ、エボニー、ウォールナット)と3種類のワイヤーフィニッシュ(ホワイト、ブラック、トリバレントクローム)の組み合わせが可能です。
イームズハウスのためにデザインされたテーブルで、心地よい空間をつくってみませんか。
コピペ HP https://www.hermanmiller.co.jp/products/tables/occasional-tables/eames-coffee-table.html


という代物です。


これこれ。
これが元になっているんですよ。

わたし!イームスハウズ内で現物見ましたよ! (しつこい)

オリジナルは金箔が張ってあるゴールドめいた仕様です。
ダウェルベースの脚を利用したテーブルですが、実は順番的にこっちのテーブルにこの脚が使われて、それからイームズシェルチェアにウッドベースとして採用されたんです。 ってさっきの説明にも書いてありますか。

だから正しくはダウェルベースがイームズテーブルの脚を利用しているってことです。

どうでもいいですか。細かい。


現在のハーマンミラー社の強みとして、細かな仕様を選んだうえでオーダーできるということがあります。
これは先日のハーマンミラーストアの写真を勝手に使っているのですが、すでに展示されていますよ。このようにウォールナットウォールナットなんて仕様もできるんです。

価格は20~30万代といった具合ですかね。


これはすごくイームズファン向けっぽいので、あの憧れのイームズハウスのテーブルが手に入る!的なことでも良いかもしれません。


いや普通に優れたデザインのテーブルとして選択肢に入りますね。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2017年12月21日木曜日

アーロンサイドチェア終了しました


一応伝えておきますけど、2018年1月にヴィトラ、アルテック、フリッツハンセン、カール&ハンセンの値上がりがありますよ。

本当はこういった家具全般の情報をお知らせした方が良いんでしょうけどね。
北欧の家具は私の専門じゃないので良かれと思って書きました。
物件とかコントラクトとかだったら販売していますけどね。私が正規販売店じゃないので、専門の会社と協力しています。


さて、今日の更新はちょっと前のお知らせごとです。
10月末ぐらいのことですね、訳あってここでの更新が遅くなりました。

訳って私への連絡が漏れていただけなんですけど。影響なくて良かったです。一般的な家具じゃないので。


アーロンチェアリマスタードが新発売しましたが、アーロンサイドチェアがあるじゃないですか。


これですね。 http://blog.casestudynagoya.jp/2016/06/2016615.html


元となっているのはクラシックアーロンチェアでして、アーロンの座り心地のままサイドチェアにしたという代物です。

このアーロンサイドチェアの製造が終了しました。オーダーはもうできません。

ということで、もし考えている人がいたらすいませんが諦めてください。
代替案として私だったらセトゥーチェアを提案しますね。値段的にも近いですし。


そもそもクラシックアーロンチェアが2018年3月に終了するので、それもあり先に終了です。

あ、もしかしてクラシックアーロンチェアの終了月って初めて書きましたか?そうなんですよ。あと三か月でクラシックアーロンチェアは製造終了です。

クラシックアーロンチェアが欲しい人は今のうちにどうぞ。
間際になってからだと在庫がなくて納品まですごく時間がかかるかもしれません。

そのころには私もクラシックアーロンチェアの展示もなくすでしょうね。名残惜しい。


アーロンリマスタードのサイドチェアが出るかは知りませんが、まあ出るんじゃないでしょうか?いつか。
発売しそうですもん。素人考えでも。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2017年12月20日水曜日

ネルソンミニチュアチェストのレイアウト提案


さりげなく昨日更新しませんでしたし一昨日はおざなりな更新でしたね。
このブログの更新はあまりにも大変なんですよ。

そんな頑張って更新しているだけなのに、いわゆる逆SEOと言いまして、このブログの検索結果が悪くなるような対策をされているのを発見してしまいました。すごい露骨なことをされていたんです。誰かがやったんでしょうね。ものすごい嫌がらせです。


ハーマンミラー米国本社
ところで自宅に絵画を飾っていますか?

飾ってないですか?

うち的にはダネーゼのポスターとか、そうした物を飾ってほしいところですけど、好みはそれぞれなので。絵画売ってないですし。私は。


この写真すごく良い空間の使い方ですよね。間とかゆとりのバランスが。
ネルソンミニチュアチェストはこうしてレイアウトすると映えます。上の絵も映えます。


Herman Miller Japan HP https://www.hermanmiller.co.jp/content/hermanmiller/apac/ja_jp/home/design-resources/images.html?text=Herman%20Miller:Products/Nelson%20Miniature%20Chests

これがネルソンミニチュアチェスト。
 
絵じゃなくて窓だとして想像してみてください。
そこの下にスペースがあると大き目なキャビネット系を置いたりするでしょうね。
そこをこうした贅沢に空間を使うということで、小さな脚の長いチェストが美しいです。

収納が出来ないのはまぁ、そうですね、諦めてください。絵と一緒で見た目が癒されるかどうかです。

こんな提案も素晴らしいと感じました。


ところでネルソンミニチュアチェストは日本の桐タンスっぽいよねって思うじゃないですか。
実際にこのチェストは日本の古いチェストを参考にしているって話です。
実際に手掛けたのはアーヴィン・ハーパーさんです。あとジョン・ピレさん。1952年からハーマンミラー社にて販売がされました。

この構造はクラフトマンシップということで、細かく手間のかかる工程で製造されるものです。
小さくてもなかなかなお値段なのはそういった理由です。
今は無垢材で作っているということもありクオリティが昔より上がっていますよ。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950



2017年12月18日月曜日

アーロンチェアのBサイズは中間ではないです



もうアーロンチェアリマスタードが発売されて11ヶ月ですか。早いものですね。いや早くないですね。
今年は本当にアーロンリマスタードが中心の一年だった気がします。

客注のアーロンリマスタードのAサイズを検品中に思い出したことがあるので書きますね。


アーロンチェア、そしてアーロンチェアリマスタードはA、B、Cの3サイズ展開ですよね。
3種類あるおかげで一つの誤解があると感じます。

それは、Bが中間のサイズゆえに、そしてBサイズを”ミディアム”と表記されていたりすることから、「サイズに迷ったら真ん中サイズを選べばOK」という認識があるということです。


Bサイズは真ん中サイズというわけではありません


Cサイズが合うなんてよっぽどの身長の人だけです。
私の身長が180cmですけどCサイズはまだ大きいです。Bで良いです。

足が短いだけですって?それもあるかもしれませんが特別短足ななわけじゃないのでアジア人体系なら大抵の人がそうだと言えるでしょう。
180cm台の中盤からはCサイズを考えたほうが良いです。


日本人男性の人口で身長が180cmを超えるのは全人口の7%という本当かどうかわからない情報が統計として見つけました。女性は0.0%台みたいです。実際少ない方でしょう。


そう考えると多くの日本人はAかBかで選ぶことになります。
Bはミディアムサイズではなく、AサイズかBサイズかの2種類で考えるべきですね。
CがあるからBが中間に見えるんです。

アメリカの製品なので、アメリカで考えたらBは中間なのかもしれませんけど。

この辺の認識が販売する側にも薄いんですよ。

いや、あの、ちゃんとしたお店さんには言ってないですよ。誤解しないでくださいね。
リマスタードを販売するにあたって顔を合わせている人たちに向けて書いているわけないじゃないですか。


ちゃんと座って試してもらうとAサイズになることが多々あります。サイズ表だとBサイズの人も、実際にはAになることがあります。
ちょっと多きいいサイズぐらいと無理して座るものではないので、基本的に自分の身体に合うサイズを選ぶべきですね。


だからちゃんと試して確認してから買うのがベストですね。
Aサイズは本当はもっと選ばれるはずと私は考えています。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2017年12月17日日曜日

イームズ670ベースと671ベースのこと。ラウンジチェアに使われている脚です。

GREENBERGカメラ直撮り
1957年のハーマンミラー社の広告です。

今のイームズコントラクトテーブルとシェルチェアの組み合わせと少し違いがありますね。気づく人は気づくでしょう。

例えば、シェルチェアがHベースなのですが、グライズがブーツグライズになっていたり脚が通常より長かったり。

えーと、Hベースというのは現行品で言う4レッグベースのことで、ご覧のとおり4本脚のシェルチェアベースです。
グライズは脚先のパーツの名称で、ブーツグライズはブーツのように履かせてあるグライズのことです。このグライズは現在ハーマンミラー社はどの製品にも採用していません。

そしてコントラクトテーブルと思いきや、ベースがコントラクトベースではないです。
5本に脚先がわかれていますよね?



これも
あとこの写真も。こちらも1957年の広告です。

テーブルは同じく5本に脚先がわかれているタイプです。

このベースはイームズラウンジチェアにも使われている脚で、670ベースという名前です。
スピーカーにも使われていてラウンジチェア以外にも見かけることがありました。

670ベースはイームズラウンジチェアの”ラウンジチェア”に使われている脚です。
オットマンの方の671ベースはシェルチェアに使われていましたよ。



こっちはハーマンミラーの昔のカタログ
ほら。

PACという名前が付いていますが、PはPivoting baseの頭文字で、AはArmでCはChairです。
回転するのでPivotingですね。そういう意味です。

でも、Polished aluminumのPだ説もあります。

前者が有力なのですが、後者もそういった記載があったりしますよ。


今はこの脚はラウンジチェアにしか使われていませんね。だからテーブルもシェルチェアも昔の話です。ヴィンテージ品だとありますけど、若干レアです。


特に理由はないのですが、何となく書いてみました。この話。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950