2017年12月13日水曜日

植物の下にイームズウォールナットスツール



イームズウォールナットスツールって、木の幹のようにも見えるじゃないですか。
だから植物に混ぜ込むとすごく良いと思うんです。
植物台として自然に馴染むことができます。

気づきました?写真に二つぐらい紛れているの。

ごく普通に家庭でサイドテーブルやスツールとして使うのも良いですが、デザインを活かしてこんな使い方もしたいものですね。

雨ざらしはいけませんが、アウトドアの植物置台として庭や玄関付近で使ってみると素敵かもしれません。
でも外に置いておくと盗まれそうですね・・・


アフリカンスツールなんて名前もあったとおり、民族的なビジュアルが緑緑しい熱帯植物や多肉植物と相性が良さそうです。

植物屋さんとかで並べると良いんでないでしょうか。ディスプレイとして使っていると評価が高いですよ。主に私からの。


かなりボロボロになると思うので、製品の値段的に躊躇しそうですけど、そこを乗り越えて使えると次の世界に行けるかもしれません。

イームズハウス内も植物が上に置いてあったような気がするのですけど、まぁー、スツールの方は数十年たっているのでひび割れりーののボロボロでした。しかしそれが格好良い。灰色になっていましたし。
それが格好良いと思えるのは、元がイームズウォールナットスツールだからですね。


次の世界とはなんでしょうか。私もわかりません。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
HP : http://www.casestudynagoya.jp/
TEL : 052-243-1950
MAIL : info@casestudy.co.jp

0 件のコメント:

コメントを投稿