2017年12月16日土曜日

イームズのスピーカーとモデルワンデジタルって似てない?


絶賛ラジオ堪能中のチボリーオーディオMODERL ONE DIGITALです。




ラジオ使わなくてもハイクオリティな音質を楽しめるWi-Fiスピーカーとしても素晴らしいです。
インテリアオブジェとしても優れたスピーカーです。


このデザインですが、クラシックでありながら上手くデジタルが溶け込んだ優れたセンスですよね。

でもどうでしょう、この見た目、見覚えないでしょうか?
そうですね、イームズさんが好きな人なら特に見覚えがあるかもしれません。


イームズさんのプロダクトにこんなのがあるんです。


eames office http://www.eamesoffice.com/the-work/stephens-tru-sonic-speakers/
似てませんか?
これは1957年にスティーブンス・トルソニック社からイームズ(オフィス)デザインとしてリリースされたスピーカーの一つです。



ちょっと無理くり似ていると言っているかもしれません。

そしたらこっちはもっとそっくりですよ。


画像元 https://www.artsy.net/artwork/charles-and-ray-eames-charles-and-ray-eames-speaker
かなりの白いモデルワンデジタルっぷりです。

ただこれ、本当にイームズデザインかはわかりません。
そう説明はされていますし、いろんな場所でイームズスピーカーだと説明されて入るのですが、イームズオフィスの説明にこの形がありません。

少なくともベースはさっきの写真と同じくイームズラウンジチェアと同じものを使っていますので、スティーブン・トルソニックのスピーカーには違いないと思われます。


チボリオーディオのモデルワンデジタルは、だから私はうちのお店に合うし良いなって思ったんです。そしてハーマンミラーの家具が多いうちのお店向きかなと。


モデルワンデジタルに脚でもつけてみましょうか。
格好良いと思いますよ。

いやもちろん勝手にそんなことはしないですけどね。


そういえば随分前にパイオニアさんのオーディオに当時日本製だったネルソンのエンドテーブルの脚を付けて販売していたことがありましたね。

あれはまさにこのオーディオを参考にしていたのでしょう。

ラウンジチェアのベースは用意できないですからね、そこでネルソンエンドテーブルの脚ですよ。

なつい。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

0 件のコメント:

コメントを投稿