2016年7月18日月曜日

アーゴンとかエクアとかありました 2016/7/18

私は文章をこうやって書くより、直接話す方が向いていますね。そっちの方がうまいですし。
だから実店舗です。


この写真はハーマンミラーメンテナンスに行った時に撮った写真なんですけど、その時もさらっとエクアチェアとアーゴンチェアと書いたじゃないですか。
これは両方ともハーマンミラー社のワークチェアです。

正しくは左のターコイズカラーの椅子がエクア2チェアで、右のネイビーカラーの椅子がアーゴン3チェアです。
・・・アーゴン3ですよね?違っていたら指摘してください。私に。

ハーマンミラーというとアーロンチェアというイメージが強いと思うんですけど、それ以前のワークチェアというと、これらがあったんですよ。

アーゴンチェアは1976年に発表されまして、デザインはビル・スタンフさんです。後のアーロンチェアと同じデザイナーの一人です。
人間工学に基づくシーティングの新しい時代をもたらしたそうですよ。

それからエクアチェアは1984年に発表されました。
こちらのデザイナーはビル・スタンフさんとドン・チャドウィックさんで、後のアーロンチェアと同じコンビのデザイナーです。

アーロンチェアはスタンフさんとチャドウィックさんの共作ですので。


それから1994年にとうとうあれです。


Herman Miller Japan HPよりですこの写真
そのアーロンチェアが発表されました。この上の写真の仕様は2001年から存在する仕様ですけどね。発売当時はランバーサポートでしたしポリッシュもありませんでした。

ビル・スタンフさんとドン・チャドウィックさんの両名による傑作です。


急激に時代が変わった感じがします。
アーゴン→エクア→アーロンですから、見た目からして全然違います。

そりゃあアーロン完成当時は、座面と背もたれを革張りとかにしたほうが良いよってマーケティングからの意見があったのもわかります。

斬新すぎるデザインですからね。

ウレタンやクッションを取り外したほうが良いね、代わりにペリクルにしよう。という判断は先見の明がありすぎました。


それが結果的に成功したわけですけど

世界的にみても有名なワークチェアになりましたね。


ということで、あんまり知られていないであろうアーロンチェア以前のワークチェアの話でした。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950
MAIL : info@casestudy.co.jp   

0 件のコメント:

コメントを投稿