2017年10月2日月曜日

渡辺力新作クロック”リキパブリッククロック”発売開始


またまた渡辺力さん新作時計が今日10/2から発売です。

「リキさん時計続くよね、まだまだ続くのかい?」という人には、「これで一段落の予定です。」と伝えますよ。



”公園や駅前などで見かけるパブリッククロック。使われている文字盤デザインの多くが渡辺力の 仕事であることはあまり知られていません。
親しみやすさを重視したアラビア数字タイプから 環境に合わせて使える力強い記号的表現のものまで、既にアノニマスな名作と言えるでしょう。 今回、その中から3タイプをホームユースに合わせたサイズで展開いたします。”


ということで、今回の渡辺力さんの新作は、公共の場で目にする時計を家庭用にリデザインされたものです。


”1970年代より、精力的に空港、 ホテルの世界時計やポール時計等、モニュメンタルな公共時計を第一線でデザインしてきた そのエッセンスが凝縮されています。”


そんなわけで、この時計の元になったものは、どこかに点在しているんだと思います。
日比谷の時計みたいに特定のポール時計の家庭向けプロダクトとかじゃないです。





私も実際にどこに存在するのかわかりませんが、もしかしたら目にしているかもしれませんし、していないかもしれません。

みなさんも見つけてみてください。
やっぱり東京ですかね?


RIKI PUBLIC CLOCK (リキパブリッククロック)
WR17-06/WR17-07/WR17-08
寸法:φ256×46mm
素材:アルミニウム、ガラス
価格:¥12,000+税


とこんな感じの仕様となっております。


お店に展示するかは実は考え中です。どうしましょう。

とりあえず発売しましたので、欲しい人がいらっしゃれば教えてください。用意しますよ。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

0 件のコメント:

コメントを投稿