2017年1月27日金曜日

アーロンチェアリマスタードの実物とすごく詳しい話です 2017/1/27

新しくアーロンチェアが発売したという情報だけで、お店に展示していることも伝えてなかったですし写真も見せていませんでしたね。


ちゃんと3色3サイズを展示していますよ。

今回のアーロンチェアリマスタードですが、ハーマンミラー正規販売の限られたお店だけの先行販売となっています。実際展示して販売している店って少ないですよね?

にいえばそのリマスタードのアーロンチェアが販売できる店はそれほどの店ということです。

そこに私が居るのは違和感を感じるかもしれませんが、これでもちゃんとやっているんですよ。うちは。たぶん、皆さんが思っているより私は頑張っていますよ。

日本で私ぐらいですね、一人でお店をやっている程度の存在でアーロンチェアリマスタードの正規先行展示販売をしているのは。
これで証拠になったはずです。うちはしっかりハーマンミラー正規販売店だってことが。



そんなアーロンチェアリマスタードの綺麗な写真と説明はHPを観ればいいんですけど。
http://www.hermanmiller.co.jp/products/seating/performance-work-chairs/aeron-remastered.html#/


実際現物でないと分かりづらい部分をちょっとだけ話しますね。


まず8Zペリクルですけど、こうやって実際見てもよく分からないと思います。
でも座ると分かるんですよ。実感できます。違いが。

でも表面から見てわかる方法もありますよ。


ここで秘密兵器。
ブラックライト~。

ハーマンミラージャパンさんからもらいました。


照射すればほら。
ペリクルにところどころ線が入っているのがわかりますか?

縦は無視して横に線が入っているのが見えますよね。この部分でテンションの変更をしているんです。
先端の部分はハードな部分なのでペリクルの張りが強く、その線の境目から少し張りが弱くなります。


ブラックライトを使えばそれが見えるようになるんですよ。


この8Zペリクルによって、先端のバナナ型クッションはなくなりました。
クッションが無くてもテンションを保つことが出来るようになったからです。


スカスカになっています。この部分。
絶対埃がたまる。


気持ち見通しが良くなりましたね。
編み方も変わっています。


フレームなんですけど、グラファイトに比べると真ん中のミネラルと右のカーボンがお高くなるのですが、ただの色違いじゃなくて塗装が違います。

今回から加わったミネラル、カーボンは、サテンアルミニウム仕上げと言って、光沢のあるツヤッとした塗装です。
グラファイトは今までのアーロンチェアと同じ粉体塗装ですよ。

このサテンアルミニウム仕上げは独自の塗装方法をしていまして、現代の空間との調和を考えられています。

価格の価値はありますよ、ミネラルもカーボンも。実際格好良い。


最初私はリマスターされたアーロンチェアのビジュアルを見た時にベースやフレームはプラになっていると勘違いしたのですが、違いました。引き続きアルミダイキャストです。
※ごめんなさい、ポリッシュ、サテンアルミニウムはアルミダイキャストでグラファイト、ダークカーボン、ダークミネラルはガラス繊維入りナイロンでした。勘違いでした。


軽くなったのですが、アーロンチェア自体の耐荷重が上がりましたよ。
最大158kgまでOKです。Aサイズは136kgですよ。


背もたれのマークも変更です。

いろいろ書きましたけど、そもそも今回のアーロンチェアはすべてのパーツを作り変えていますので、マイナーチェンジとかじゃありません。一新です。


ということで、アーロンチェア リマスタードなのですが、お店では普通に展示販売しています。










case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

0 件のコメント:

コメントを投稿