2017年8月22日火曜日

アルパインのシェルチェアの良さとそこにホワイトアッシュ

タイトルに日付入れるの辞めました。


イームズプラスチックシェルチェア(ポリプロピレン製)はいま、カラバリが豊富すぎてすごいバリエーション数です。
どこも人気で売り上げ件数も多いのがワイヤーベース(エッフェルベース)でしょう。




ウッドのダウェルベースなんかは、もっとも選択する箇所が多いので、決まった組み合わせがよくれるということは珍しいと思います。ばらけるのではないでしょうか。


でもでも、うちはこの組み合わせが最も人気があります。
という選択があるんですよ。



これ写真ムズイ・・・青っぽすぎる


こっちが実際に近いでしょうかね
 
シェルはアルパインで、ホワイトアッシュのウッドベースにワイヤーがホワイトです。
これすごく良いんですよね。ご覧の通りの清潔さと温かさと現代感もありながら、イームズシェルチェアとしてのトラディッショナルさも感じます。


最初からこの組み合わせが欲しいという人は稀です。


漠然とホワイトのシェルチェアが良いかな、と考えている人と、それも特に女性が多いですね、そんな方と相談をしていると、私はこのアルパインを薦めてみるんですよ。

このカラーの存在をご存じない人多いですし、何より微妙な色合いなのでディスプレイ越しでは本当に色がわかりづらいんです。


木はメープルで良いのですが、より白さがあるホワイトアッシュだとまた印象が違います。
そしてワイヤーもホワイトにするんです。

ホワイトのシェルでいいんじゃないの?という人は、それで良いと思うのですが、私はホワイトのシェルにホワイトワイヤーにホワイトアッシュにすると、ちょっと淡泊すぎるかな。という印象を受けるのでアルパインが好みです。

ただ私の好みを押し付けているんじゃなくて、空間に合わせた時の見栄えも映えるはずなんですよ。柔らかくなるはずですよ。意味わかりますかね。


この組み合わせでコンフィギュレーターで作った画像を見せつつ提案します。
すると、アルパインがいいね!となることが多いです。


ウォールナットだとまた違った素敵さがあるんですよね。


どうせ納期はどの脚でも三ヶ月はかかりますし、好みで選ぶのがグッドです。待つ期間は同じです。


以前もウェハーというカラーがあった時は、やっぱりホワイトよりそっちのクリーム色っぽいカラーがうちでは売れていました。

その代りホワイトの売り上げが全くありません。良いのか悪いのか。


これが実際に相談することの大切さですね。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

0 件のコメント:

コメントを投稿