2017年11月12日日曜日

イームズアルミナムラウンジチェア アウトドア

そういえばこの写真に写っているイームズアルミナムラウンジチェアみたいなものは何か聞かれました。張地的に別物かな?と。 (この時の写真 http://blog.casestudynagoya.jp/2017/11/blog-post.html)

赤矢印の先です。
アルミダイキャストのフレームが美しい椅子ですね。

これはですね、ご覧の通りのハーマンミラー社製イームズアルミナムラウンジチェアです。
でも「アルミナムラウンジチェア アウトドア」という存在です。


あのイームズアルミナムラウンジチェアの張地がメッシュ素材になった屋外で使える用です。
現行でもあるんですよ。影が薄いかもしれませんけど。

もともとアルミナムチェアは「インドアグループ/アウトドアグループ」という名称で当初はリリースされていて、そのままインドア用とアウトドア用がありました。

それを現代的により屋外向けにした感じでしょうか。


だからといって必ず屋外で使うためでもないです。室内でも良いですよ。
例えば室内だったら飲み物こぼして大丈夫とか、公共的な場所や商業施設的な場所で使いやすいアルミナムチェアになります。

ファブリック張りはやっぱりそういうの気になりますし、レザーだったら良いかもしれませんけど、今度は価格の問題が。

あと、現代的な家具を集めた空間だったらこっちの方が相性良いかもしれませんね。


座り心地ですが、メッシュ状の素材は張りがあって固めです。
その分しっかりしていますね。やわいメッシュはだるんだるんになりますから。

お値段はラウンジチェアが¥253,000(税別)で、オットマンが¥122,000(税別)です。 2017/11現在


実際アウトドアで使うにはちょっと気になる価格でしょうか。どうなんでしょうか。
お庭とかピロティとか、ちょっとした場所にテーブルとともに並べてみたいもんです。


ピロティってあれです、一階が柱だけになっている建築構造です。わかります?


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

0 件のコメント:

コメントを投稿